ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 法務課 > 広島市内部統制に関する方針

本文

ページ番号:0000112723更新日:2020年9月9日更新印刷ページ表示

広島市内部統制に関する方針

広島市内部統制に関する方針の策定について

 地方公共団体における内部統制とは、地方公共団体における事務が適正に実施され、住民の福祉の増進が図られるよう、事務を執行する主体である首長自らが、行政サービスの提供等における事務上のリスクを評価及びコントロールし、事務の適正な執行を確保することをいいます。

 指定都市の市長等については、地方自治法第150条の規定に基づき、令和2年度から、内部統制に関する方針を定め、これに基づき必要な体制を整備すること等が義務付けられました。

 このことを受け、「広島市内部統制に関する方針」を策定しましたので、ここに公表いたします。

広島市内部統制に関する方針

広島市内部統制に関する方針 [PDFファイル/125KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)