ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 土地に対する税負担の調整措置(負担調整措置)

本文

ページ番号:0000199710更新日:2021年4月1日更新印刷ページ表示

土地に対する税負担の調整措置(負担調整措置)

 平成9年度の評価替え以降、課税の公平の観点から、地域や土地によりばらつきのある負担水準を均衡化させることを重視した税負担の調整措置(負担調整措置)が講じられています。この措置は、令和3年度の税制改正により、令和3年度から令和5年度までの間、継続されることとなりました。

 負担水準とは、個々の土地の前年度課税標準額が今年度の価格に対してどの程度まで達しているかを示すものであり、次の算式によって求められます。

負担水準 = 前年度課税標準額※ ÷ 今年度の価格

※ 前年の1月2日から今年の1月1日までの間に分筆、合筆、地目の変換等があった土地は、当該土地に類似する土地に比準して求めた額となります。

 また、この措置により、負担水準の高い土地は税負担を引き下げ又は据置き、負担水準の低い土地は税負担が段階的に引き上げることとなります。具体的には、次のような仕組みとなっており、令和3年度と令和4年度・令和5年度で異なります。

負担調整措置の仕組み(計算方法)

1 令和3年度

 課税標準額は、次の(1)または(2)のいずれか小さい方の額となります。

(1) 本来の課税標準額

 当該年度の価格

 ただし、住宅用地・市街化区域農地に対する課税標準の特例措置の適用がある土地については、課税標準の特例措置を適用した後の額となります。

(2) 負担調整措置を適用した課税標準額

区  分 令和3年度固定資産税課税標準額
商業地等※ 負担水準が0.7を超える場合 令和3年度価格×0.7
負担水準が0.7以下の場合

令和2年度固定資産税課税標準額を据え置きます。
(詳しくは、下記の「新型コロナウイルス感染症による負担調整措置」をご覧ください。)

住宅用地 または 農  地

※ 事務所・店舗・工場の敷地等の非住宅用地のほか、駐車場等、宅地に比準して価格を求める雑種地等をいいます。

【新型コロナウイルス感染症による負担調整措置
 令和3年度の評価替えでは、多くの土地において価格が上昇しており、本来であれば税負担が段階的に上昇するところですが、新型コロナウイルス感染症により、社会経済活動や国民生活全般が大きく変化したことを踏まえ、令和3年度に限っては、令和3年度の課税標準額を令和2年度の課税標準額に据え置く特別な措置が講じられています。

 ただし、住宅用地の認定が変わった土地や分筆、合筆、地目の変換等があった土地の場合は、令和3年度の課税標準額が令和2年度の課税標準額と異なっていることがあります。

2 令和4年度・令和5年度

 課税標準額は、次の(1)または(2)のいずれか小さい方の額となります。

(1) 本来の課税標準額

 当該年度の価格

 ただし、住宅用地・市街化区域農地に対する課税標準の特例措置の適用がある土地については、課税標準の特例措置を適用した後の額となります。

(2) 負担調整措置による課税標準額

  • 商業地等
負担水準 令和4年度(令和5年度)固定資産税課税標準額
0.7超 当該年度の価格×0.7
0.6以上0.7以下 前年度課税標準額を据え置きます。
0.6未満 前年度課税標準額+当該年度の価格×5%
ただし、上記により計算した課税標準額が、
・当該年度の価格の60%を上回る場合には、当該価格の60%となります。
・当該年度の価格の20%を下回る場合には、当該価格の20%となります。
  • 住宅用地
令和4年度(令和5年度)固定資産税課税標準額
 前年度課税標準額+当該年度の価格×5%

 ただし、上記により計算した課税標準額が、当該年度の価格の20%を下回る場合には、当該価格の20%となります。

  • 農地

 前年度の課税標準額×負担調整率

負担水準 負担調整率
0.9以上 1.025
0.8以上0.9未満 1.05
0.7以上0.8未満 1.075
0.7未満 1.1

 ただし、勧告遊休農地(耕作されていない農地で、農業委員会からの農地中間管理機構との協議勧告を受けたもの)には適用されません。

【負担調整措置のイメージ】

  • 小規模住宅用地の固定資産税課税標準額の変動例

負担調整措置のイメージ
※ グレーの部分部分は、本来の課税標準額と比べて各年度の課税標準額が低いことを表しています。このため、本来の課税標準額になるまで、段階的に課税標準額が引き上げられることになります。

関連情報