ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 建築・都市計画 > 広島の都市計画 > 「広島市立地適正化計画」の作成について

本文

ページ番号:0000006561更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

「広島市立地適正化計画」の作成について

広島市立地適正化計画

 本市では少子高齢化が急速に進展する中で、一定の都市機能が集約している地域を公共交通等で接続した「集約型都市構造」へと転換することを目指しています。
 こうした中、「集約型都市構造」への転換を着実に進めていくためには、既存の公共交通体系をベースにしつつ、一定の都市機能を有する地域に、更に機能を誘導することが重要であることから、都市再生特別措置法第81条第1項に基づき、そのためのアクションプランとなる「立地適正化計画」を作成しました。

計画の公表日(運用開始日):平成31年3月29日

広島市立地適正化計画(16MB)(PDF文書)

誘導区域の確認

 都市機能誘導区域、居住誘導区域の設定状況については、ひろしま地図ナビ(ひろしま地図ナビ | トップ<外部リンク>)においてご確認いただけます。

届出制度

 計画の公表に伴い、都市機能誘導区域又は居住誘導区域外において、誘導施設や一定規模以上の住宅の開発・建築等の行為を行う場合は、市長への届出が必要となります。
 また、都市機能誘導区域内において、誘導施設を休止し、又は廃止しようとする場合も市長への届出が必要となります。
 詳しくは、届出制度の手引きをご覧ください。

「広島市立地適正化計画」に基づく届出制度の手引き(336KB)(PDF文書)
届出書の様式については、以下のファイルをダウンロードして使用してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)