ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004748更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

児童手当

 児童手当<0歳から 中学校3年生までの子どもがいる人は、お金をもらうことができます>

1 だれがお金をもらうことができますか?

 0歳から 中学3年生まで(15歳の3月31日まで)の子どもがいる人はお金をもらうことができます。子供の年でもらうお金が違います。中学3年生より小さい子どもがなんにんもいるとき、一人ずつお金をもらうことができます。

2 いくらお金をもらうことができますか?

 

どんなとき

1か月のお金

(1) 0歳から 3歳までの子どもがいます 15,000円
(2) 3歳から 小学校6年生までの子どもがいます

最初の子供 10,000円
2番目の子供 10,000円
3番目の子供から 15,000円

(3) 中学生の子どもがいます

10,000円

(4) (1)から (3)です。でも家の人が前の年、仕事などでたくさん*お金をもらいました

5,000円

* 前の年もらったお金がこんなとき「たくさん」です。

働いていない家族の数

所得額**

だいたいこのくらいの給与収入額***のときです

0人

622万円

833.3万円

1人

660万円

875.6万円

2人

698万円

917.8万円

3人

736万円

960万円

4人

774万円

1,002.1万円

5人

812万円

1,042.1万円

** 会社があなたにお金を払います。でも、お金を渡す前に先に税金や保険などいろいろ、お金をとります。そのあとあなたに残ったお金のことです。

*** 会社があなたに払ったお金です。いろいろ引かれる前のお金です。

3.どこに行ったらもらうことができますか?

・住んでいる区の区役所厚生部福祉課に電話してください。
 「児童手当の手続きがしたいです。」と言ってください。印鑑や健康保険証など、いろいろ持っていかなければなりません。「何がいりますか?」と聞いてください。それから、区役所にいってください。

・新しく子どもが生まれた人
 子どもが生まれた日から16日より早く区役所にいってください。遅くなったとき、そのつぎの月のお金がもらえないときがあります。

・日本の他の場所に住んでいて、広島市に来た人
 広島市に来た日から16日より早く区役所にいってください。遅くなったとき、そのつぎの月のお金がもらえないときがあります。

このページに関するお問い合わせ先

 お住まいの区の福祉課へ

 福祉課児童福祉係