ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 入札・契約情報 > 入札契約制度の概要 > 入札契約制度の概要 > (工事・コンサル)入札等に参加するための納税証明書について

本文

ページ番号:0000007827更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

(工事・コンサル)入札等に参加するための納税証明書について

 本市が発注する建設工事等の受注者は、「広島市税並びに消費税及び地方消費税を滞納していない」者である必要があります。このため、競争入札等に参加する場合は、次の書類を準備してください。

1 広島市税の納税証明書

  1. 「令和○年○月○○日(直近の証明可能な日)以前に納付すべき市税について、滞納の税額がない」旨の記載のあるもの
  2. 証明年月日が提出時期から3か月前の日以降のもの

2 消費税及び地方消費税の納税証明書

  1. 「未納の税額がない」旨の記載のあるもので、「その3」「その3の2」「その3の3」のいずれか
  2. 証明年月日が下記提出時期から3か月前の日以降のもの
  3. 電子納税証明書は不可

税務署の納税証明書の請求方法等については、[手続名]納税証明書の交付請求手続|国税庁<外部リンク>で参照できます。

詳細については、次の「入札等に参加するための納税証明書について」を御覧ください。

ダウンロード

  入札等に参加するための納税証明書について(令和2年1月改) [PDFファイル/192KB] 

  市税の納税証明書の様式は、次の関連情報をご覧ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ先

財政局 契約部 工事契約課
電話:082-504-2280/Fax:082-504-2612
メールアドレス:keiyaku-koji@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)