ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 入札・契約情報 > 入札契約制度の概要 > 入札契約制度の概要 > 平成19年(2007年)1月から、電子入札の範囲を拡大します。

本文

ページ番号:0000001536更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成19年(2007年)1月から、電子入札の範囲を拡大します。

既に、本市のホームページ等でお知らせしているとおり、平成19年(2007年)1月から、新たに業務委託の入札に電子入札を導入するなど、電子入札の範囲を拡大します。

1 物品の購入及び製造の請負(平成19年1月から)

  1. 既に電子入札を導入している「契約部が所管する1件100万円超160万円以下(製造の請負については1件100万円超250万円以下)の見積り(オープンカウンター)案件」については、平成19年(2007年)1月から、電子入札限定で実施します。
  2. また、「契約部が所管する1件50万円超100万円以下の見積り)(オープンカウンター)案件」についても、平成19年(2007年)1月から、電子入札限定で実施します。

※ 上記(1)及び(2)の案件については、平成19年(2007年)1月以後に見積依頼を行うものから、紙での見積りは廃止しますので、ご注意ください。

2 業務委託(平成19年1月から)

平成19年(2007年)1月以後に入札公告を行う「年間を通じて行う1件100万円を超える施設維持管理業務(※)の入札案件」について、電子入札を導入します。

ただし、電子入札導入後1年間程度は、紙での入札も認めます。

※ 「年間を通じて行う施設維持管理業務」とは、建築物清掃、常駐警備業務、冷暖房設備等の運転管理(常駐)、自家用電気工作物の保守点検、電話交換、建物付属設備、機械設備の保守点検、運転管理業務などです。

3 建設コンサルタント業務等

「本庁及び区役所で実施する1件100万円超の入札案件」について、平成19年(2007年)4月以後に入札公告を行うものから、電子入札限定で実施します。

ご注意ください

電子入札に参加するためには、パソコン等の機器及びインターネット環境の準備のほか、電子入札コアシステム対応認証局が発行するICカード及びICカードリーダが必要となりますので、これらの準備が整われていない方は、お早めに準備されることをお勧めします。事前準備の詳細は、こちら(「広島市電子調達システムポータルサイト」の「利用者登録の前にこちらの事前準備を行ってください」)をご覧ください。

なお、電子入札の拡大の詳細については、こちら(「平成18年度以後の電子入札の拡大について~事業者の皆さんへ~」)をご覧ください。

Internet Explorer 7 及び Windows Vistaについて

マイクロソフト株式会社では、最新のインターネット閲覧ソフト(Internet Explorer 7)を平成18年11月にリリースし、また、最新のWindowsオペレーティングシステム(Windows Vista)を平成19年1月末にリリースしました。

これら最新のソフト及びオペレーティングシステムについて、広島市電子調達システムでは正常に稼動するかどうかの動作確認がとれておりません。

このため、Internet Explorer 7及びWindows Vistaを使用した場合は、不具合が生じる可能性がありますので、動作確認がとれるまでの間は、ご利用にならないよう、お願いいたします。

なお、対応時期については未定ですが、広島市電子入札システムで採用している電子入札コアシステム(ほとんどの自治体で採用されています)での動作確認がとれるなど、Internet Explorer 7及びWindows Vistaへの対応に関する新しい情報が入りましたら、広島市電子調達システムポータルサイト等でお知らせします。

お問い合わせ先

財政局契約部 Fax 082-504-2612

(物品購入・製造の請負・業務委託(役務の提供)に関すること)

物品担当 Tel 082-504-2083・2084

(建設コンサルタント業務等に関すること)

工事担当 Tel 082-504-2280

(電子入札に関すること)

契約制度改善担当 Tel 082-504-2620