ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 青少年支援メンター制度 > 青少年支援メンター制度の概要

本文

ページ番号:0000004683更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

青少年支援メンター制度の概要

青少年支援メンター制度の概要

目的

 人生経験の豊富な大人(メンター)が、子ども(主に小・中学生)と1対1の関係で、子どもの発達段階等に応じて、継続的・定期的に交流し、信頼関係を築きながら支援することで、子どもの精神的成長を促すとともに、生活習慣の確立や学力の向上を図り、子どもが社会の一員として主体的に生きるための基本となる資質や能力を育むことを目的としています。

交流について

 原則として1年間、放課後や休日を利用して、月に1・2回から週に1・2回、1回当たり2時間程度の交流を行います。
 交流内容については、決まったものはありません。メンターと子ども(利用者)との人間関係や、子どもの様子、要望等を考えながら組み立てます。

これまでの実施例

  • 一緒に遊ぶ
  • 料理をする
  • 宿題をする
  • 動物園等に出かける
  • 映画鑑賞をする
  • スポーツ観戦をする
  • 悩みの相談をする
  • 職場見学をする

青少年支援メンター

 子どもに対する深い理解と愛情を持ち、青少年支援メンター制度の趣旨を理解し、責任を持ってメンターとしての役割を果たせると広島市こども未来局こども・家庭支援課が判断したボランティアの方。

利用者(子ども)

 「今の自分を変えてみたい」「視野や可能性を広げたい」「悩みを解決したい」などの気持ちを持つ広島市立学校に在籍または広島市に在住、安芸郡坂町立学校に在籍または安芸郡坂町に在住している主に小・中学生。

 ※青少年支援メンターと利用者(子ども)を募集しています。具体的な申込方法等は、以下の関連情報内のリンク先をご覧ください。

メンター制度概略図

メンター制度概略図

 

メンター制度マスコットキャラクター「ハナ&ミミ」

青少年支援メンター制度のマスコットキャラクターの「ハナ&ミミ」です。

 小さな象の「ハナ」はプロテジェ、大きな象の「ミミ」はメンター。ハナはミミにいっぱいおはなしします。ミミは大きなみみでしっかり聴きます。
 ふたりの鼻を付き合わせた形が、メンターのMを表し、色のグラデーションで、メンターとプロテジェの心温まる交流をイメージ。

関連情報


メンター制度について