ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004310更新日:2021年3月30日更新印刷ページ表示

工事着手日選択型契約方式の試行について

公共事業の情報化と技術管理

 本市が発注する工事において、受注者の円滑な施工体制の確保を図るため、事前に建設資材、労働者確保等の準備を行うことができる着手日選択期間(契約締結の日から実工事期間(実質工期)の始期の前日までの期間)を設定した「工事着手日選択型契約方式」を試行しています。
 さらに令和3年4月1日以降に入札公告等を行うものから、一層円滑な施工確保及び施工時期の平準化に向けた計画的な事業執行を図る観点のため、着手日選択期間を「3か月を超えない範囲」から「6か月を超えない範囲」に変更し、柔軟な工期の設定を可能にするとととしました。
 対象工事は、工事発注課が工事内容や工期を勘案して工事ごとに決定し、入札公告等にその旨を記載します。
 条件等の詳細は、ダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

工事着手日選択型契約方式の試行について [PDFファイル/274KB]

工事着手日通知書 [Excelファイル/42KB]

工事打合せ簿<作成例> [Excelファイル/43KB]

問合せ先

【制度について】

都市整備局技術管理課
 土木管理係 Tel:082-504-2282
 建築管理係 Tel:082-504-2283

【工事への適用について】

各工事担当課(連絡先:入札公告、配布資料等に記載)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


工事・建設コンサルに関する監督・検査等の規定
建設副産物対策
請負工事様式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク