ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 公共事業の情報化と技術管理(技術管理課) > 建設工事に係る現場代理人、主任(監理)技術者の雇用関係について

本文

ページ番号:0000004275更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

建設工事に係る現場代理人、主任(監理)技術者の雇用関係について

公共事業の情報化と技術管理

建設工事を請け負われる際に配置する現場代理人、主任(監理)技術者と請負者との雇用期間の要件及び雇用関係の確認方法を次のとおり取り扱うこととします。

1 雇用期間の要件について

雇用期間の要件は、【表1】のとおりとします。

【表1】:雇用期間の要件

【表1】 : 雇用期間の要件

2 雇用関係の確認方法について

現場代理人、主任(監理)技術者が、請負者と「直接的かつ恒常的な雇用関係」にあることが確認できる書類は、健康保険被保険者証【表2】とします。
 ただし、法令上、健康保険加入義務者から除外される場合(従業員5人未満を雇用する個人事業所、後期高齢者医療制度被保険者)に限り、【表3】の証明書類により確認します。

【表2】:株式会社、有限会社等の会社組織または常時5人以上の従業員を雇用する個人事業所(株式会社、有限会社等のつかないもの)の場合

【表2】:株式会社、有限会社等の会社組織または常時5人以上の従業員を雇用する個人事業所(株式会社、有限会社等のつかないもの)の場合の画像

【表3】:従業員5人未満を雇用する個人事業所(株式会社、有限会社等のつかないもの)または後期高齢者医療制度被保険者の場合のみ

【表3】:従業員5人未満を雇用する個人事業所(株式会社、有限会社等のつかないもの)または後期高齢者医療制度被保険者の場合のみの画像

3 適用日

 平成21年5月18日以降公告する工事から適用します。

4 問い合わせ先

(1)制度全般について

 都市整備局技術管理課

 土木関係
 直通電話 082-504-2282

 営繕・設備関係
 直通電話 082-504-2283

(2)各入札公告の内容について

 各工事担当課


建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク