ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004204更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

アオイ化学工業株式会社-注入目地材

広島製産品活用事例

土木資材 一般土木資材

注入目地材

 目地シールの目的は雪・雨水等の基盤への侵入を防ぎ、基盤の軟弱化を防止すること及び膨張・

 収縮に順応し、且つ異物が目地内に入る込むことを防ぐことにあります。

 加熱式注入目地材

 加熱式注入目地材は材料を加熱溶解して目地に注入するタイプのシール材で、施工後直ちに交通

 開放できるという特徴があります。

主な製品

  • ボンドシール…コンクリート注入目地材(セルフレベリング)
  • メンデシール…アスファルト舗装クラック注入補修材(セルフレベリング)

加熱式注入目地材の使用例

コンクリート舗装目地にボンドシール使用 アスファルト舗装クラックにメンデシール使用

常温式注入目地材

常温式注入目地材は、主剤と硬化剤を常温のまま混合することに依り、ゴム状の高弾性目地材となり、

弾力性・接着性に富み目地の膨張・収縮振動に対応できます。各種タイプが有り土木用から建築用まで

広く使用され、規格は英米規格に合格します。

主な製品

  • ポリジェット…ポリサルファイド系耐油シール材(セルフレベリング)
  • チオレックスボンド…ポリサルファイド系耐油シール材(ノンサグ)
  • ユニボンド…ウレタン系シール材(セルフレベリング・ノンサグ各品種あります)
  • フィンガーリッチボンド…変成ポリウレタン系シール材(セルフレベリング)
  • AOIシリコンシーラント…シリコン系シール材(ノンサグ)
  • ユニコールド…アスファルトエマルジョン系シール材(セルフレベリング)

常温式注入目地材の使用例

 空港エプロン目地にポリジェット使用 公園整備事業にチオレックスボンド使用

アオイ化学工業株式会社

広島市安佐南区相田一丁目1番26号

Tel 082-877-7171

担当:梅田太


工事・建設コンサルに関する監督・検査等の規定
建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク