ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000002051更新日:2021年4月1日更新印刷ページ表示

固定資産の評価替えとはどういうものですか。(FAQID-9999)

  • 固定資産のうち、土地・家屋については、3年ごとに評価の見直しを行うこととされており、この見直しを、「固定資産の評価替え」といいます。
    ただし、固定資産のうち、償却資産については、毎年度申告することとされており、この申告に基づいて、毎年度評価を行います。
  • 最近の評価替えは、令和3年度に行っており、令和4年度及び令和5年度の価格は、原則として令和3年度の価格が据え置かれます。
    本来であれば毎年度、評価替えを行い、固定資産の価格を最新の価格にすることが望ましいのですが、土地や家屋は膨大な量があり、その一つ一つについて固定資産評価基準を適用してその価格を算出することは、人員的にも時間的にも非常に困難であることなどから、土地と家屋については、原則として3年間は同一の価格に据え置くこととされています。
  • ただし、令和4年度及び令和5年度の土地の価格については、地価が下落し、前年度の価格を据え置くことが適当でない場合は、減額修正することとされています。
    また、分筆、合筆、地目の変換などがあった土地、増改築や損壊などがあった家屋については、新たに評価します。

 詳しくは、固定資産の所在する区を担当する市税事務所土地係・家屋係へお問い合わせください。

お問い合わせ先

 各市税事務所土地係・家屋係

関連情報


基本的仕組み
償却資産
問い合わせ先