ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000008375更新日:2021年1月5日更新印刷ページ表示

被爆者との交流について

 被爆者の方から被爆体験を聞くなど被爆者と交流するには、どうしたらよいのでしょうか。

回答
 
被爆体験を次の世代に正しく継承し、平和意識の高揚を図るため、被爆体験講話を実施しています。この被爆体験講話は事前にお申し込が必要です。
 平和記念資料館など広島市内で講話の聴講を御希望の場合は平和記念資料館に、
http://hpmmuseum.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=117<外部リンク>
広島市外で講話の聴講を御希望の場合は国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に、
https://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/project/successors/<外部リンク>
お申し込みください。
 また、平和記念資料館では、毎年8月6日前後の夏休み期間に、事前のお申し込みなく無料で被爆体験講話を聴いていただける定時講話を開催しています。

 このほか、被爆者から被爆体験を受け継いだ被爆体験伝承者による被爆体験(伝承)講話を聴くことができます。
 お申し込み先は、上記と同じです。
 また、平和記念資料館では、毎日、事前のお申し込みなく無料で被爆体験伝承講話を聴いていただける定時講話を開催しています。
 

このページに関するお問い合わせ先

市民局国際平和推進部平和推進課
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp