ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > これまでに寄せられた主なご意見とその回答 > 分野一覧 > 教育 > 小学校の通学服(基準服)について

本文

ページ番号:0000008237更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

小学校の通学服(基準服)について

 同じ市立小学校で通学服(基準服)があるところとないところがあるのはなぜですか。親としては、通学服がある方が助かるのですが。

回答
 通学服は、各学校が教育課程に基づいて行う教育活動として必要不可欠な教材や教具などと違って、学校から強制的に一定基準のものを保護者の方に購入していただくものではないと考えています。
 したがって、児童生徒の服装が華美にならないようにという指導の観点や保護者の経済的負担の観点から、通学服について一定の基準を定める場合には、保護者が主体となった選定委員会等を組織していただき、この組織が学校の意向も聞きながら、色・型・購入方法等も含めて審議・決定していただくようにしています。
 通学服の取り扱いについてご要望がありましたら、学校あるいはPTAにご提案いただき、選定委員会等を設置し、十分検討した上で結論を出していただきたいと思います。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会総務部総務課
電話:082-504-2463/メールアドレス:kyouiku@city.hiroshima.lg.jp