ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 事業者向け情報 > 事業者募集 > 令和2年度 認知症高齢者グループホーム等設置運営事業者の選定等について

本文

ページ番号:0000182964更新日:2020年8月31日更新印刷ページ表示

令和2年度 認知症高齢者グループホーム等設置運営事業者の選定等について

令和2年度募集分の認知症高齢者グループホーム等設置運営事業者について、次のとおり選定等を行いました。

1 募集の概要

(1) サービス種類及び募集数等

サービス種類

募集数

募集対象圏域

認知症高齢者グループホーム

135人

39のすべての日常生活圏域

小規模多機能型居宅介護
(通いを中心に、随時泊まりや訪問サービスを組み合わせて提供するサービス)

制限なし

39のすべての日常生活圏域

看護小規模多機能型居宅介護
(小規模多機能型居宅介護に訪問看護を組み合わせたサービス)

認知症対応型通所介護
(認知症対応型デイサービス)

定期巡回・随時対応型訪問介護看護
(24時間対応型サービス)

夜間対応型訪問介護

(2) 応募に当たっての要件
介護保険法(平成9年法律第123号)に規定する指定地域密着型サービス事業者の指定要件に合致することなどの応募者に係る適否判定基準を満たすことが必要
(3) 募集期間
令和2年3月15日(金曜日)に募集要領を公表し、令和2年6月1日(月曜日)から6月5日(金曜日)まで応募を受け付けました。
(4) サービス種類ごとの応募数

  • ア 認知症高齢者グループホーム:2事業所(2圏域)
  • イ 認知症対応型通所介護:1事業所(1圏域)

2 選定等の方法

1.地域密着型サービス事業者選定委員会(委員長 健康福祉局高齢福祉部長)による選定等

(1)第1回選定委員会(令和2年7月10日(金曜日)開催)
各サービスの応募者について、評価または選定の対象となるか否かの判定を行うため、適否判定基準により、応募者及び設置計画の適否に関する書類審査を行い、その結果、応募者すべてについて、適否判定上「適」と決定しました。

(2)第2回選定委員会(令和2年7月22日(水曜日)開催)
認知症高齢者グループホームの2応募者について、個別ヒアリングを実施しました。

(3)第3回選定委員会(令和2年7月29日(水曜日)開催)
ア認知症高齢者グループホーム
個別ヒアリング結果を踏まえ、各委員が評価基準により評価しました。
その結果、2事業者とも合計得点及び評価項目「事業所運営」の得点が各々満点中6割以上となり、審査の結果、2事業者について設置運営事業者として選定しました。
イ認知症対応型通所介護
各委員が評価基準により評価しました。その結果、応募者は合計得点及び評価項目「事業所運営」の得点が各々満点中6割以上となり、審査の結果、応募者を設置運営事業者として評価を得たものとして決定しました。

2.広島市地域密着型サービス運営懇談会による意見聴取
令和2年8月20日(木曜日)に開催した広島市地域密着型サービス運営懇談会(委員16名。保険利用福祉団体・事業者団体の代表者、学識経験者等で構成。)において、選定等の結果について意見を聴取しました。

3 選定等の結果(詳細は別紙のとおり)

(1) 認知症高齢者グループホーム

日常生活圏域 事業者名 評点 加点 合計 選定結果

安佐南区

祗園・長束 株式会社ケア21 [PDFファイル/57KB]

104.1点

10 114.1 選定

安佐北区

清和・日浦

 

株式会社Gトラスト [PDFファイル/57KB]
95.0点 0 95.0 選定

(2) 認知症対応型通所介護(1回目)

日常生活圏域 事業者名 評点 結果

西区

中広

社会福祉法人ひろしま四季の会 [PDFファイル/59KB]

92.4点 決定

4 関係書類の提出について

 選定及び決定を受けた事業者は、下部ダウンロードに掲載している関係書類を期日までに提出してください。

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)