ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 水道・下水道・電気・ガス > 下水道 > 下水道 > 下水道とは > 下水道の経営 > 広島市下水道事業 中期経営プラン(令和2年度~令和5年度)

本文

ページ番号:1234567898更新日:2020年2月28日更新印刷ページ表示

広島市下水道事業 中期経営プラン(令和2年度~令和5年度)

令和2年(2020年)2月、令和2年度から令和5年度までの中期経営プランを策定しました。

1 策定の趣旨

 広島市の下水道事業では、4年ごとに「広島市下水道事業中期経営プラン」を策定し、事業の運営に取り組んできましたが、これまでの中期経営プランの計画期間が令和元年度で終了することから、新たに「広島市下水道事業中期経営プラン(令和2年度~令和5年度)」を策定しました。
 このプランは、令和2年度からの4か年に取り組む主な施策である「整備計画」と、計画期間中の収支や投資額を示した「経営計画」について一体的にとりまとめています。
 このプランを着実に実施することで、より一層経営の効率化を図り、将来にわたって下水道のサービスを安定的に提供していけるよう、更なる経営基盤の強化に取り組んでまいります。

2 内容

「広島市下水道事業中期経営プラン」は、下記ダウンロードからご覧いただけます。

ダウンロード

 「広島市下水道事業中期経営プラン(令和2年度~令和5年度)」 [PDFファイル/3.48MB]

関連情報

「広島市下水道事業中期経営プラン(平成28年度~平成31年度)」

「本編」 [PDFファイル/1.02MB]

「資料編」 [PDFファイル/5.88MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)