ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 保健部 環境衛生課 > 処方箋の偽造事案(疑い)の発生について

本文

ページ番号:0000304382更新日:2022年10月24日更新印刷ページ表示

処方箋の偽造事案(疑い)の発生について

広島市内で処方箋の偽造事案(疑い)が発生しています!

以下を参考の上、偽造・変造処方箋に注意してください!

1 偽造・変造処方箋の例

  1. 偽造
  • 正規処方箋をカラーコピー機、スキャナー等を用いて複写・作成
  • 処方箋用紙と同一規格の用紙を用いて、パソコン等を使用して作成・加筆
  1. 変造
  • 正規処方箋の用法・用量などボールペン等を使用して改ざん
  • 正規処方箋に、処方されていない医薬品をボールペン等を使用して加筆

2 処方箋の偽造・変造事案の発生防止について

  • 疑わしい点がある場合は、処方医に問い合わせるなど疑義照会を徹底する。
    (薬剤師法第24条)
    薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによつて調剤してはならない。
  • 偽造処方箋と判明した際には、速やかに警察、広島市保健所に連絡する。
  • お薬手帳や薬歴等から投薬状況を確認する。

3 処方箋受付時のポイント

  • 朱肉やインクの色合いの異なり、不自然な光沢がないか、裏から見て印鑑のにじみが見られるか。
  • 紙の四辺が歪んでいないか。
  • 紙サイズが異なっていないか。
  • 用紙を切り取った形跡が見受けられないか。
  • 紙質、手触りに違和感がないか。
  • 直線や枠のゆがみやとぎれ等がないか、印刷面に不自然な汚れや線等がないか。
  • 不自然な陰影、文字のずれ等(切り貼りした物をコピーした形跡)はないか。
  • 処方医の訂正印のない箇所に手書きでの訂正がないか。
  • 事前に電話で向精神薬等の在庫状況を確認してきていないか。
  • 患者に落ち着きがない等挙動に不審な点はないか、近隣でない医療機関からの処方箋ではないか、自費扱いになっていないか。
  • 切断面がギザギザしていないか。
  • リフィル処方箋不可の医薬品がリフィル可になっていないか。

偽造・変造処方箋への注意について(通知)(令和4年10月24日)