ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業振興 > 起業・経営・中小企業支援 > 広島市の中小企業融資制度のご案内

本文

ページ番号:0000004441更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

広島市の中小企業融資制度のご案内

事業の内容

 広島市では、中小企業等の皆様に事業資金を低利で融資する制度を設けています。
 取扱金融機関に資金を預託しており、別途金融機関による審査があります。

基本的要件

1.中小企業者(NPO法人、医療法人等を含む)及び組合であること。
※暴力団、暴力団員及びそれらと密接な関係を有している方は、ご利用できません。

中小企業者とは
 個人...どなたでも
 法人...資本金か従業員のうち、どちらか一方が次の要件を満たしていること

業種 資本金 従業員
製造業・建設業等 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
小売業 5千万円以下 50人以下
サービス業 5千万円以下 100人以下
医療法人等 300人以下

組合とは
 市内中小企業者で構成する事業協同組合、事業協同小組合、企業組合、協業組合、商工組合、商店街振興組合、生活衛生同業組合及び生活衛生同業小組合で、組合事務所が市内にあり、組合員の2/3以上が市内中小企業者であること
※ 小規模事業者とは
 常時使用する従業員の数が次の要件を満たしていること。

業種 従業員
卸売業・小売業・サービス業 5人以下
製造業・建設業・運輸業等 20人以下

2.広島市内に事業所を有していること。

3.1年以上同一事業を営んでいること。
(創業支援融資を除く)

4.許認可又は届出等を要する業種の場合には許認可等を受けているもの又は受けることが確実なものであること。

5.広島県信用保証協会の保証対象業種を営むものであること。
広島県信用保証協会で代位弁済中でないこと及びその連帯保証人でないこと。
現に金融機関の取引停止処分を受けているものでないこと。

6.当該事業に係る市民税を滞納していないこと。

信用保証料について

 ほとんどの制度で広島県信用保証協会による信用保証付きを条件としていますので、別途信用保証料が必要となります。

 広島県信用保証協会の基本保証料率は、利用者の経営状況等に応じて9段階に設定されていますが、広島市では,保証料率が高くなる方への負担の軽減を図るため、一般振興融資、借換融資を除く融資について、次のとおり保証料の減額を行っています。

信用保証料率(年率)

(単位:%)

 
区分 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
料率A
(信用保証協会の所定料率)
1.90% 1.75% 1.55% 1.35% 1.15% 1.00% 0.80% 0.60% 0.45%
料率B
(本市が保証料を一部負担)
1.52% 1.40% 1.24% 1.08% 0.92% 0.77% 0.64% 0.60% 0.45%

 注1:令和2年4月1日現在の料率であり、その後の信用保険料の改定等により,変更することがあります。
 注2:(1)から(9)の区分は、融資申込者の経営状況等により広島県信用保証協会が決定します。
 注3:セーフティネット保証(年0.7%)等特別保証の保証料率は別に定められていますので、広島県信用保証協会にご確認ください。

 広島県信用保証協会
 〒730-8691 広島市中区上幟町3番27号
 電話(082)228-5500 Fax(082)222-5375

取扱金融機関

商工組合中央金庫、広島銀行、山口銀行、中国銀行、山陰合同銀行、もみじ銀行、西京銀行、広島信用金庫、呉信用金庫、広島市信用組合、広島県信用組合

融資制度要綱等

 融資制度要綱、パンフレット、各種申請様式については、下記をご参照ください。

関連情報

広島市中小企業融資制度要綱、パンフレット、各種申請様式