ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 環境局 > 環境局 業務部 産業廃棄物指導課 > 高濃度PCB廃棄物の処分方法

本文

ページ番号:0000013651更新日:2021年5月31日更新印刷ページ表示

高濃度PCB廃棄物の処分方法

高濃度PCB廃棄物の処分期間
~処分がお済みでない方は、速やかに処分してください!~

 改正PCB特措法が平成28年(2016年)8月1日に施行され、高濃度PCB廃棄物は処分期間内の処分が義務付けられました。また、JESCOの北九州事業対象地域にある広島市では、高濃度PCB使用製品についても、処分期間が終了して原則廃棄物とみなされ、法の規制対象となっています。

 高濃度PCB廃棄物(安定器・汚染物等)を保管する事業者の方は、速やかに処分をJESCOへ委託してください。

高濃度PCB廃棄物の処分

種類

処分場所

処分期間

廃PCB等及び廃変圧器等
(変圧器・コンデンサー等)

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)<外部リンク>
北九州PCB処理事業所

 

所在地:北九州市若松区響町一丁目

 

電話番号:093-522-8588

平成28年(2016年)8月1日~平成30年(2018年)3月31日

(終了)

 

特例処分期限日

平成31年(2019年)3月31日

(終了)

安定器・汚染物等

平成28年(2016年)8月1日~令和3年(2021年)3月31日

(終了)

 

特例処分期限日

令和4年(2022年)3月31日

高濃度PCB廃棄物の処分手続き

搬入荷姿登録

 処分を委託するにあたっては、事前に機器等の情報をJESCOへ登録する必要があります。まだ登録を行っていない保管事業者の方は、速やかに登録を行ってください。

「中小企業者等軽減制度」・「分割払い制度」

 JESCOでは、中小企業者等の方々の費用負担を軽減する「中小企業者等軽減制度」や、処理費用の「分割払い制度」を設けています。詳しくは、JESCOへ直接お問い合わせください。

運搬

 JESCOへの搬入については、JESCOの入門許可を持つ収集運搬業者<外部リンク>(JESCOホームページ)に委託してください。

 また、高濃度PCB廃棄物を保管場所などまで運搬する場合は、PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン<外部リンク>(環境省ホームページ)に沿って行う必要があります。

関連情報