ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 税金 > 入湯税 > よくある質問と回答(その他の市税) > 入湯税 > 入湯税 > 鉱泉浴場経営を開始する場合、入湯税についてどのような手続が必要ですか。(FAQID-2595・2597)
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > その他の税金 > よくある質問と回答(その他の市税) > 入湯税 > 入湯税 > 鉱泉浴場経営を開始する場合、入湯税についてどのような手続が必要ですか。(FAQID-2595・2597)

本文

ページ番号:0000002111更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

鉱泉浴場経営を開始する場合、入湯税についてどのような手続が必要ですか。(FAQID-2595・2597)

 経営開始の日の前日までに、鉱泉浴場経営申告書を【市役所財政局税務部市民税課法人課税係】へ提出する必要があります。

 添付書類として、施設の配置図、利用料金表、温泉法による営業許可日の分かる許可書等の写し、公衆浴場法等による営業許可日の分かる許可書等の写しが必要です。

関連情報


市たばこ税
入湯税
問い合わせ先