ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000007734更新日:2019年5月1日更新印刷ページ表示

屋外広告業の登録制度の概要

 

1 登録

  1. 本市の区域内において屋外広告業を営もうとする者は、市長の登録を受けなければならず、登録は5年ごとに更新が必要です。
  2. 登録の申請者が登録を取り消されその処分のあった日から2年を経過しない者、業務主任者を選任していない者等に該当する場合は、登録できません。

2 屋外広告業者の遵守事項

  1. 登録申請書に記載した事項に変更があったときは、市長に届け出なければなりません。
  2. 屋外広告業を廃業したときは、市長に届け出なければなりません。
  3. 営業所ごとに、所定の資格を有する業務主任者を選任し、その営業所における業務の適正な実施を確保しなければなりません。
  4. 営業所ごとに、所定の事項を記載した標識を掲げなければなりません。
  5. 営業所ごとに、帳簿を備え、所定の事項を記載し、これを保存しなければなりません。
    (帳簿の様式は、以下のダウンロードから取得できます。)

3 登録の取消し等

  1. 市長は、屋外広告業者が不正の手段により登録を受けたとき、登録拒否の理由に該当することとなったとき、登録変更の届出をせず、若しくは虚偽の届出をしたとき、屋外広告物法に基づく条例若しくはこれに基づく処分に違反したとき、又はこの条例に違反した屋外広告物に関する営業を行ったときは、その登録を取り消し、又は営業の停止を命ずることができます。
  2. 市長は、屋外広告業者に対し、特に必要があると認めるときは、報告を求め、又は立入検査を行うことができます。

4 手数料

  登録(更新の登録を含む。)の申請の際、1万円の登録申請手数料が必要です。

5 罰則

  1. 次のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
    • ア 登録を受けないで屋外広告業を営んだ者
    • イ 不正の手段により登録を受けた者
    • ウ 営業の停止の命令に違反した者
  2. 次のいずれかに該当する者は、30万円以下の罰金が科せられます。
    • ア 登録変更の届出をせず、又は虚偽の届出をした者
    • イ 営業所の業務主任者を選任しなかった者
  3. 次のいずれかに該当する者は、20万円以下の罰金が科せられます。
    • ア 市長が求める報告をせず、又は虚偽の報告をした者
    • イ 市長の検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、又は質問に対して答弁をせず、若しくは虚偽の答弁をした者
  4. 次のいずれかに該当する者は、5万円以下の過料が科せられます。
    • ア 廃業等の届出を怠った者
    • イ 登録標識を掲げない者
    • ウ 営業に関する所定の帳簿を備えず、帳簿に記載せず、若しくは虚偽の記載をし、又は帳簿を保存しなかった者

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


屋外広告物の規制
違反広告物対策
屋外広告業
屋外広告物関係法令(法律、例規、告示等
屋外広告物審議会
ラッピングバス・電車について
屋外広告物に関する他の制度について