ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 公共事業の情報化と技術管理(技術管理課) > 広島製産品(建設資材)の使用実績に応じた加点評価の実施について

本文

ページ番号:0000004332更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島製産品(建設資材)の使用実績に応じた加点評価の実施について

公共事業の情報化と技術管理

広島市が発注する公共工事において、「広島製産品」の使用を一層促進するため、対象資材(広島製産品)の使用実績に応じ、工事検査成績評定書の加点評定を行います。

改訂 対象資材(広島製産品)に「インターロッキングブロック」を追加しました。

(平成24年1月1日以降に完成する工事が加点対象となります。)

1 「広島製産品」の定義

「広島製産品」とは、次のいずれかに該当する建設資材です。

  1. 広島市内に本社を有する事業者が直営工場及び広島市内の提携工場で製造する建設資材(直営工場の所在地は問いません。)
  2. 広島市外に本社を有する事業者が広島市内の直営工場及び広島市内の提携工場で製造する建設資材

2 対象資材について

広島製産品の使用実績に応じて加点評価対象とする資材は、次表のとおりです。

対象資材についての画像

なお、対象資材は、使用状況に応じ見直す予定です。

3 提出方法について

工事完成時に監督員に「工事における広島製産品の使用実績について」、「広島製産品使用結果報告書」及び証明資料(数量・購入金額が分かるもの)を提出してください。

クリックしてダウンロードしてください

このページに関するお問い合わせ先

都市整備局 技術管理課 土木管理係
電話:082-504-2282/Fax:082-504-2529
メールアドレス:gikan@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク