ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004197更新日:2017年4月1日更新印刷ページ表示

「広島市優良建設工事等表彰制度」の施行について

公共事業の情報化と技術管理

「広島市優良建設工事等表彰制度」の施行について

1 概要

将来にわたる公共工事の品質確保と地元建設業界の担い手の育成・確保を図るため、これまで入札・契約制度の見直しに取り組んできました。
この取組みを更に強化するため、平成29年度より広島市が発注する建設工事、建設コンサルタント業務等において、優れた成績を修めた受注者及び技術者を表彰します。

2 表彰の審査基準等

 

表彰候補の選定基準

表彰の審査基準

優良建設工事

表彰

前年度に引渡しを受けた最終契約金額500万円以上の工事のうち、工事検査成績評定点が85点以上の工事(土木一式工事、建築一式工事等全ての工事が対象)

左記工事において労働災害、公衆災害等(受注者の責めに帰すことができないものを除く)を起こしておらず、かつ、以下の審査基準を全て満たす受注者であること

  1. 市内に本店を有すること
  2. 前年度に引渡しを受けた工事検査成績評定対象の施工実績を2件以上有し、その工事検査成績評定点の平均点が75点以上で、かつ、65点未満の工事がないこと
  3. 前年度から表彰日前日までに指名停止の措置を受けていないこと
  4. 表彰することが著しく不適当でないこと

優良建設

コンサルタント

業務等表彰

前年度に引渡しを受けた最終契約金額500万円以上の業務のうち、業務成績評定点が85点以上の業務(地質調査業務、測量業務、土木関係建設コンサルタント業務(監理業務を除く)、建築設計等業務が対象)

左記業務において労働災害、公衆災害等(受注者の責めに帰すことができないものを除く)を起こしておらず、かつ、以下の審査基準を全て満たす受注者であること

  1. 市内に本店を有すること
  2. 前年度に引渡しを受けた業務成績評定対象の業務実績を2件以上有し、その業務成績評定点の平均点 が78点以上で、かつ、65点未満の業務がないこと
  3. 前年度から表彰日前日までに指名停止の措置を受けていないこと
  4. 表彰することが著しく不適当でないこと

優良

技術者

表彰

工事

表彰候補工事の監理のため配置されていた監理技術者又は主任技術者

表彰の審査基準を満足し、工事又は業務の専任を要しない期間を除いた全期間に従事していたこと

業務等

表彰候補業務の管理のため配置されていた、主たる業務分野の管理技術者

特別表彰

同一の工種又は業種において、優良表彰を4年以上連続で受けた受注者及び技術者のうち、その翌年度も表彰候補となった者は特別表彰の候補とする。

 

3 被表彰者の審査等

 被表彰者の審査等は、広島市優良建設工事等表彰審査委員会において行います。

4 表彰の方法

 表彰は、市長が表彰状を授与します。

 

クリックしてダウンロードしてください

広島市優良建設工事等表彰実施要綱 [PDFファイル/325KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


工事・建設コンサルに関する監督・検査等の規定
建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク