ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 公共事業の情報化と技術管理(技術管理課) > 「広島市建設工事設計変更ガイドライン」の一部改正について

本文

ページ番号:0000004196更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

「広島市建設工事設計変更ガイドライン」の一部改正について

公共事業の情報化と技術管理

「広島市建設工事設計変更ガイドライン」の一部改正について

建設工事は、多種多様な現地の自然条件、環境条件の下で施工されるものであり、変更が避けられない場合も多く、その変更内容も多岐にわたります。本市では、本市が発注する公共工事において、設計変更の対象事項や、必要な変更手続きを明らかにし、設計変更の手続きを適正かつ円滑に行うため、設計変更ガイドラインを策定しています。この度、契約約款第18条の設計図書の照査の範囲を超える事例の追加を行いました。(令和2年1月版)

関連情報

「工事一時中止ガイドライン」の策定について

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク