ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000188490更新日:2020年10月2日更新印刷ページ表示

感染拡大防止と経済活動の両立に関する市長メッセージ

 この度のGo Toトラベルの対象に東京発着の旅行商品が加わり、同じく昨日(10月1日)から「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」が始まったということで、本市観光業の更なる支援につながるものと期待しています。

 Go Toトラベルが始まり、人の往来が今まで以上に増えることで、感染症の拡大に直結するという状況にはないものの、感染拡大防止と経済活動を両立させるために、あるいは「新しい生活様式」に基づく適切な行動様式を身に付けるために、市民の皆様には、これまでと同様の感染予防対策を怠らないようにしていただきたいと考えています。
 具体的には、発熱や咳、倦怠感や味覚・嗅覚障害などの症状がある場合には、旅行を控えるとともに、必ずコールセンター(
📞082-241-4566)へ連絡・相談してください。
 また、旅行先などで飲食店等を利用する際には、ガイドライン等に基づいた感染防止対策を講じているお店、例えば広島で言えば、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」の利用を心掛けて下さい。

 なお、事業者の皆様には、業種別のガイドライン等に基づく感染防止対策や国のCOCOA(接触確認アプリ)や広島コロナお知らせQRの活用、従業員の健康管理の徹底とともに、コールセンターとの連携を密にすることにより、利用者の安全・安心の確保をお願いします。

 いずれにしても、新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染し得る感染症であることから、御自身の健康管理の徹底が、即ち、他者への感染拡大を防ぐということになるということを肝に銘じていただき、日常生活の中で、皆様が取り組んでいることを様々な機会に確認し、互いに注意し合うということを是非やってください。

 

令和2年10月2日
広島市長  松井 一實