ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > これまでに寄せられた主なご意見とその回答 > 障害者を含む中高一貫校の建設について

本文

ページ番号:0000008284更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

障害者を含む中高一貫校の建設について

 障害者への理解を深める人づくりのために、障害者を含む中高一貫校を建設してください。

回答
 現在、本市の特別支援教育については、全ての市立中・高等学校において、発達障害等の特別な教育的支援の必要な生徒に対して、一人一人の教育的ニーズに応じた適切な教育の実現を目指して取組を進めています。
 具体的には、各中・高等学校において、大学教授や医師、臨床心理士等の専門家を派遣し巡回相談指導を実施するとともに、校内の特別支援教育の推進役として特別支援教育コーディネーターを養成しています。
 さらに、中学校では、学校生活の補助及び安全確保の必要な学校に特別支援教育アシスタントを配置するなど、校内の支援体制の整備を進めるとともに、教職員が生徒について共通に理解し対応していくよう一致協力して生徒への支援の充実を図っています。
 中学校から高等学校へ進学した際には、円滑に学校生活に適応できるよう、中学校と高等学校が連絡会などを開き、連携を図りながら個に応じた指導に努めています。
 平成19年4月1日から法改正がなされ、一層、特別支援教育の充実が図られることになり、国において、発達障害等の児童生徒の教育の内容や教育の場の在り方について調査研究が進められています。このため、本市においても、さらに、これらの調査研究等の状況を踏まえて、教育の内容や教育の場の在り方について検討が必要であると考えています。
 本市においては、現在、特別な教育的支援を必要とする生徒を対象とした中高一貫校の計画はありませんが、今後とも、中学校と高等学校が連携を密にし、全ての障害のある生徒一人一人への適切な教育的支援の充実を図っていきます。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会学校教育部特別支援教育課
電話:082-504-2494/Fax:082-504-2142
メールアドレス:kyo-shien@city.hiroshima.lg.jp