ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > これまでに寄せられた主なご意見とその回答 > 分野一覧 > 保健・医療 > 夜間や休日の病院の診療体制について

本文

ページ番号:0000008232更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

夜間や休日の病院の診療体制について

 多くの病院が週5日制になっていますが、本来病院が休日に休む理由があるのでしょうか。特に公立病院については、むしろ24時間年中無休でもいいと思います。そのような検討はされないのでしょうか。

回答
 病院の外来診療を通常の体制で24時間年中無休で運営するには、非常に多くの医師、看護師などの医療スタッフを必要とすることなどから、現実的には難しいと考えています。
 このため、市民の皆様がいつでも安心して医療を受けられるよう、夜間や休日においては、市立病院や医師会夜間急病センター等で救急診療を行うとともに、地域の医療機関が当番制で診療を行うなどの救急医療体制を確保しています。
 詳細につきましては、休日・夜間の救急医療機関などをご確認ください。
 今後とも、市民の皆様のため救急医療体制の充実を図っていきたいと考えています。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局保健部医療政策課
電話:082-504-2178/Fax:082-504-2258
メールアドレス:healthed@city.hiroshima.lg.jp