ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 利用者向け情報 > よくある質問と回答 > 介護保険施設サービス等の利用について、居住費や食費の自己負担ができない場合は、どうすればよいですか

本文

ページ番号:0000002307更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

介護保険施設サービス等の利用について、居住費や食費の自己負担ができない場合は、どうすればよいですか

 介護保険のサービスのうち、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設および介護医療院の4施設と、ショートステイなどを利用する場合、居住費(滞在費)と食費は原則自己負担です。

 世帯全員および配偶者が市町村民税非課税の方であって、本人および配偶者の資産の合計額が一定額以下の方や、生活保護を受けておられる方は、負担軽減する制度(補足給付)があります。

 詳しくは、関連情報【サービス利用料】の「居住費(滞在費)および食費の負担額」をご覧ください。

お問い合わせ先

各区福祉課高齢介護係 → 関連情報【介護保険に関する相談窓口】をクリックしてください。

関連情報