ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 政治団体などを名乗り、強引に賛助金の要求や機関誌・図書などの購入を要求されています。断りたいのですが。(FAQID-2754・2755)

本文

ページ番号:0000011445更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

政治団体などを名乗り、強引に賛助金の要求や機関誌・図書などの購入を要求されています。断りたいのですが。(FAQID-2754・2755)

賛助金の支払いや機関誌・図書などの購入は、自由意思に任されており、これらの要求になんら応じる義務はありません。
(契約自由の原則~賛助するか否か、購入するか否かは、これらの要求を受けた人の判断で、相手方に対し明確に意思表示することが大切です。)

相手側は、政治団体などを名乗り、強引に要求したり脅したりすることで、人を不安に陥れて金銭を出させようとします。

賛助金を出したくない、機関誌を購入したくないと思ったら、きっぱりと断ることです。

「断り」の意思表示を曖昧にすると、執拗な勧誘行為を誘発し、誤解やトラブルの元になります。

断る際、理由などを述べる必要はありません。

むしろ、理由を述べていると、その理由をトラブルの原因にされ、結局、断れないことになります。

基本的な心構え

  • 最初が肝心!明確に拒否すること!
  • 執拗な要求に屈してはいけません!
  • 一度払ったら何度も要求されます!
  • 困ったら、家族・知人や相談窓口にすぐ相談しましょう!

広島市暴力被害相談センターで相談をお受けします。
電話 082-504-2710(直通)
Fax 082-504-2712

相談時間

月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時
(祝日・休日、8月6日、年末年始(12月29日~1月3日)は休みです。)

場所

市役所本庁舎12階
〒730-8586 広島市中区国泰寺町一丁目6番34号

関連情報

広島市暴力被害相談センターのご案内

外部リンク

広島市におけるその他の「相談窓口」については、こちらをクリックしてください。