ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 市の取り組み > 官民協働・連携 > 広島市PPP/PFI手法導入優先的検討指針

本文

ページ番号:0000015538更新日:2018年4月1日更新印刷ページ表示

広島市PPP/PFI手法導入優先的検討指針

 平成27年12月に国の「民間資金等活用事業推進会議」において、「多様なPPP/PFI手法導入を優先的に検討するための指針」が決定され、人口20万人以上の地方公共団体において、一定規模以上の公共施設等の整備等の検討を行う場合に、多様なPPP/PFI手法の導入を従来型手法に優先して検討するための規程を定めるよう要請があったところです。
 これを受け、本市において多様なPPP/PFI手法の導入を優先的に検討するための手続について定めるとともに、効果的・効率的な公共施設等の整備等を全庁的に推進するため、この度「広島市PPP/PFI手法導入優先的検討指針」を策定しました。

ダウンロード

広島市PPP/PFI手法導入優先的検討指針(812KB)(PDF文書)

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)