ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 施設案内・観光地・避難場所 > 教育・文化関連施設 > 広島市勤労青少年ホームの閉館について
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 雇用・労働 > 勤労者福祉 > 広島市勤労青少年ホームの閉館について

本文

ページ番号:0000213635更新日:2021年3月4日更新印刷ページ表示

広島市勤労青少年ホームの閉館について

広島市勤労青少年ホームは、長きにわたり、勤労青少年の余暇活動や交流促進のための施設として運営してまいりましたが、社会情勢の変化により、そうした役割は終えたと考えられるため、令和3年度末(令和4年3月31日)をもちまして閉館することとしています。

なお、閉館後については次のようになります。長年にわたって当ホームをご利用いただき、誠にありがとうございました。

中央勤労青少年ホーム

築50年を経過し、建物が老朽化しているため幟会館3~5階を閉鎖します。閉館後は、中区民文化センターや中央公民館等の周辺の公共施設や民間施設をご利用ください。

安佐勤労青少年ホーム

建物は、閉館後に閉鎖するため、安佐南区民文化センター等、周辺の公共施設や民間施設をご利用ください。屋外施設(テニスコート等)は閉館後、市の運動広場として再整備することとしており、利用開始時期などの詳細については、決まり次第、お知らせします。

佐伯勤労青少年ホーム

建物は五日市公民館に統合し、公民館としてご利用いただけます。テニスコートは新宮苑庭球場に統合し、ご利用いただけます。そのほか、周辺の公共施設や民間施設をご利用ください。