ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000007737更新日:2021年4月1日更新印刷ページ表示

業務主任者の設置について

屋外広告業を営む者は、その営業所ごとに、以下に該当する者のうちから業務主任者を選任しなければなりません。(広島市屋外広告物条例第25条)

1 国土交通大臣の登録を受けた法人が広告物の表示及び掲出物件の設置に関し必要な知識について行う試験に合格した者
2 平成16年以前の建設業法施行規則により行われた試験に合格した屋外広告士
3 平成13年以前に「屋外広告物に係る色彩、意匠、素材等に関する知識及び技術の審査・証明事業認定規程」に基づき認定された「屋外広告士資格審査・証明事業」として行われた試験に合格した屋外広告士(特別講習を受講し、修了考査に合格して屋外広告士となった方を含む。)
4 平成18年6月30日以前に行われた他の都道府県・政令指定都市・中核市の行う屋外広告物講習会を修了した者
5 広島市長の開催する講習会の課程(広告物に関する法令 3時間・広告物の表示に関する事項 3時間・広告物の施工に関する事項 4時間)を修了した者
6 職業能力開発促進法に基づく職業訓練指導員免許所持者・職業訓練修了者・技能検定合格者のうち、広告美術仕上げに係るもの
7 屋外広告業を営む営業所において、業務主任者として屋外広告物に関する法令に違反することなく5年以上の業務経験を有する者
8 平成18年7月1日以降に行われた他の都道府県・政令指定都市・中核市の行う屋外広告物講習会のうち、講習時間の合計が10時間以上で、かつ、屋外広告物に関する法令に係る科目を実施しており、その講習時間が3時間以上である講習会を修了した者

 ※ 上記7・8については、別途、屋外広告物講習会修了者等認定申請を行い認定を受ける必要があります。
 詳細は、下記お問い合わせまでおたずねください。
 (申請書は以下のダウンロードから取得できます。)

関連情報

ダウンロード

 ≪お知らせ≫令和3年4月1日から提出書類への押印を廃止しました。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


屋外広告物の規制
違反広告物対策
屋外広告業
屋外広告物関係法令(法律、例規、告示等
屋外広告物審議会
ラッピングバス・電車について
屋外広告物に関する他の制度について