ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > よくある質問と回答(固定資産税・都市計画税) > 家屋 > 軽減措置 > 数年前に新築した住宅の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか。(FAQID-9999)

本文

ページ番号:0000002065更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

数年前に新築した住宅の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか。(FAQID-9999)

 新築された住宅が、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度間(3階建て以上の耐火構造住宅・準耐火構造住宅は5年度間)に限り、居住部分のうち120平方メートルまでの部分に相当する固定資産税額の2分の1が軽減されます。
 質問の新築住宅について、この軽減措置の適用期間が終了し、本来の税額になったことが理由として考えられます。
 詳しくは、住宅が所在する区を担当する市税事務所家屋係へお問い合わせください。

 なお、都市計画税にはこの軽減措置はありません。

お問い合わせ先

 各市税事務所家屋係

関連情報


基本的仕組み
償却資産
問い合わせ先