ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 税金 > 法人市民税 > よくある質問と回答(法人市民税) > 各種申告・届出 > 申告先・申告期限・申告の必要性等 > 提出期限までに法人市民税の予定(中間)申告書を提出しなかった場合どうなりますか。(FAQID-2593・2596)
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 法人市民税 > よくある質問と回答(法人市民税) > 各種申告・届出 > 申告先・申告期限・申告の必要性等 > 提出期限までに法人市民税の予定(中間)申告書を提出しなかった場合どうなりますか。(FAQID-2593・2596)

本文

ページ番号:0000002082更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

提出期限までに法人市民税の予定(中間)申告書を提出しなかった場合どうなりますか。(FAQID-2593・2596)

 事業年度が6月を超える法人は、前事業年度の法人税額が一定金額以下の場合または金額がない場合等を除き、法人市民税の予定(中間)申告書を提出し、申告した法人市民税の税額を納付する必要があります。なお、提出期限までに予定(中間)申告書を提出しなかった場合、地方税法の規定により、提出期限に予定(中間)申告書の提出があったものとみなされます。この場合、申告したとみなされた法人市民税額が未納のとき、納付書をお送りしますので、納付をお願いします。

※ 申告したとみなされた法人市民税額を納付する場合、納付日によっては、延滞金が発生する場合がありますので、ご注意ください。

関連情報

01 法人市民税の課税のしくみ


基本的仕組み
均等割
法人税割
各種証明
設立・合併・休業・解散、事務所の新設・移転・閉鎖等をした場合
問い合わせ先