ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 原爆・平和 > 平和について > 平和関連法令 > 原爆ドーム保存事業等基金条例

本文

ページ番号:0000009225更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

原爆ドーム保存事業等基金条例

原爆ドーム


平成2年3月7日
条例第3号

(設置の目的)
第1条 被爆の惨禍を後世に伝え、核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現を訴える原爆ドームを永久に保存する事業、その他の被爆建物を保存する事業その他被爆の実相を伝える事業(以下「事業」という。)を円滑かつ効率的に行うため、広島市原爆ドーム保存事業等基金(以下「基金」という。)を設置する。

(積立て)
第2条 基金として積み立てる額は、その都度予算で定める。

(管理)
第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。
2 基金に属する現金は、必要に応じ、最も確実かつ有利な有価証券に代えることができる。

(処分)
第4条 基金は、事業の実施に必要な財源に充てる場合に限り、これを処分することができる。

(運用益金の処理)
第5条 基金の運用から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して、基金に編入するものとする。

(繰替運用)
第6条 市長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰戻しの方法、期間及び利率を定めて基金に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用することができる。

(委任規定)
第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附則
この条例は、公布の日から施行する。

附則(平成27年9月30日条例第48号 抄)
1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。