ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

食中毒予防

<外部リンク>
このページを印刷 印刷用ページを表示する通常ページへ戻る

 食中毒は、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。抵抗力の弱い乳幼児は重症化しやすいので、注意が必要です。

食中毒予防 主なポイント

  • 買い物
    生鮮食品(肉・魚、野菜など)は新鮮なものを選び、買い物の最後に購入し、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
  • 調理
    調理前や、肉、魚、卵を扱った後は手を洗いましょう。肉、魚の包丁やまな板はそれぞれ専用のものを使用し、使用後は十分に洗浄・消毒しましょう。
    加熱調理する食品は中心部までしっかり火を通しましょう。