ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 家庭ごみ・環境 > ごみの減量・リサイクル > ごみの減量・リサイクル > 食品ロスの削減 > フードドライブ > (令和4年度)中工場と広島文教大学などの6会場でフードドライブを実施しました。

本文

ページ番号:0000314754更新日:2023年1月11日更新印刷ページ表示

(令和4年度)中工場と広島文教大学などの6会場でフードドライブを実施しました。

広島市環境局では、環境イベント等において、家庭で眠っている食品等を持ち寄り福祉団体等に寄付するフードドライブを実施しています。

令和4年10月9日(日曜日)に広島市環境局中工場で行われた第19回エコロジーマーケットー環ッハッハinよしじま-においてフードドライブを実施しました。

また、令和4年10月10日(月曜日・祝日)には広島文教大学の学生が、大学祭に合わせて安佐北区5会場においてフードドライブを実施しました。

多くの方にご来場いただき、6会場で130人、841個の食品を提供していただきました。

フードドライブの結果

たくさんの食品をお持ちいただきました。ご協力ありがとうございました。

集まった食品は、フードバンクを通じて、子ども食堂や各種福祉施設等に無償提供しています。​

第19回エコロジーマーケットー環ッハッハinよしじま-

・日時:令和4年10月9日(日曜日)10時~14時30分

・場所:広島市環境局中工場(中区南吉島一丁目5番1号)
    「広島市環境局」ブース

・結果(事前提供者含む)
​ ブースの来場者数 208人
 提供していただいた人数 16人(事前提供者3人、当日13人)
 提供していただいた食品 121個(事前提供者38個、当日83個)

 ※ブースでは環境クイズも実施しました。

・食品の提供先(フードバンク)
 NPO法人広島こども食堂支援センター<外部リンク>

提供された食品 フードドライブの様子

ブースの様子 クイズの様子 クイズの様子その2

広島文教大学でのフードドライブ

・日時:令和4年10月10日(月曜日・祝日)
    10時15分~15時30分(下記の場所(1))
    10時30分~15時30分(下記の場所(2)~(5))

・場所
 (1) 広島文教大学(広島市安佐北区可部東一丁目2番1号)
 (2) ノムラストアー可部店(広島市安佐北区可部東二丁目6番14号)
 (3) 大和興産安佐北区スポーツセンター(広島市安佐北区深川二丁目50番1号)
​ (4) 可笑屋(広島市安佐北区可部三丁目34番1号)
 (5) クライミングジムピュアグリーン(広島市安佐北区可部南三丁目17番24号)

結果(事前提供者含む)
​ 提供していただいた人数 114人(事前提供者22人、当日92人)
 提供していただいた食品 979個(事前提供者259個、当日720個)

広島文教大学でのフードドライブ結果(内訳)
実施場所等 人数 食品数

事前提供者

 ・学科内
 ・附属幼稚園
 ・附属高校

22人

-
-
-

259個

・43個
・177個
・39個

当日参加者

 (1) 広島文教大学
 (2) ノムラストアー可部店
 (3) 大和興産安佐北区スポーツセンター
​ (4) 可笑屋
 (5) クライミングジムピュアグリーン

92人

(1) 18人
(2) 23人
(3) 19人
(4) 20人
(5) 12人

720個

(1) 48個
(2) 300個
(3) 164個
(4) 93個
(5) 115個

合計 114人 979個

・食品の提供先(フードバンク)
 社会福祉法人 正仁会 フードバンク事業あいあいねっと<外部リンク>

提供された食品

ノムラストアー可部店での実施の様子

ブースの様子 ブースの様子その2 パネル

フードドライブの様子 フードドライブの様子 食材チェックの様子

大和興産安佐北区スポーツセンターでの実施の様子

ブースの様子 フードドライブの様子 パネル パネルその2

クライミングジムピュアグリーンでの実施の様子

ブースの様子 呼び込みの様子

フードドライブの様子 フードドライブの様子2 ​

取材を受けました!

広島文教大学の学生がフードドライブを実施する様子について、テレビや新聞等の取材を受けました。

取材の様子 取材の様子

フードドライブとは

フードドライブ

家庭で余っている食べ物を学校や職場などに持ち寄りそれらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動のことです。

フードバンク

包装の印字ミスや賞味期限が近いなど、食品の品質には問題がないが、通常の販売が困難な食品・食材を、社会福祉法人等が食品メーカー等から引き取って、福祉施設等へ無償提供するボランティア活動です。
中国四国農政局HP<外部リンク>より

関係リンク

食品ロスの削減について

日本では、世界全体の食糧支援量の約1.2倍の量が、食品ロス(手つかず食品や食べ残しなどまだ食べられるのに捨てられてしまう食品)として発生しています。

広島市では、食品ロスの削減に向けた取組を促すキャンペーン「スマイル!ひろしま」を行っています。
食品ロス削減キャンペーン「スマイル!ひろしま」についてはこちら

スマイル!ひろしま