ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000000358更新日:2022年5月18日更新印刷ページ表示

発生動向一覧表(週報対象疾患)

2022年

疾患名 (注2) 報告数 (第18週) 報告数 (第19週) 定点当たり(第18週) 定点当たり(第19週) 過去5年間の平均(注1) 発生動向調査(注3)
インフルエンザ 0 0 0.00 0.00 0.23  
咽頭結膜熱 4 5 0.17 0.21 0.55  
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 2 7 0.08 0.29 1.68  
感染性胃腸炎 76 102 3.17 4.25 5.42  
水痘 0 0 0.00 0.00 0.20  
手足口病 15 3 0.63 0.13 0.71  
伝染性紅斑 0 0 0.00 0.00 0.11  
突発性発しん 15 11 0.63 0.46 0.40  
ヘルパンギーナ 2 0 0.08 0.00 0.08  
流行性耳下腺炎 1 1 0.04 0.04 0.13  
RSウイルス感染症 5 4 0.21 0.17 0.22  
急性出血性結膜炎 0 0 0.00 0.00 0.10  
流行性角結膜炎 5 1 0.63 0.13 0.25  
細菌性髄膜炎 0 0 0.00 0.00 0.00  
無菌性髄膜炎 0 0 0.00 0.00 0.00  
マイコプラズマ肺炎 0 0 0.00 0.00 0.03  
クラミジア肺炎(オウム病を除く) 0 0 0.00 0.00 0.00  
感染性胃腸炎(ロタウイルス) 0 0 0.00 0.00 0.31  
インフルエンザ定点数 37 37        
小児科定点数 24 24        
眼科定点数 8 8        
基幹定点数 7 7        

(注1)過去5年間の同時期平均(定点当たり)
(注2)疾患名をクリックするとグラフ(最新情報・過去の流行・年齢別の各グラフ)が表示されます。
(注3)報告数が少ないなど、傾向の判断が不適切と思われるものについては、発生動向を表示していません。

【発生動向の基準】
 急増・急減:前週と比較しておおむね1:2以上の増減
 増加・減少:前週と比較しておおむね1:1.5~2の増減
 やや増加・やや減少:前週と比較しておおむね1:1.1~1.5の増減
 横ばい:ほとんど増減なし

前週(第18週)は、ゴールデンウィークの休診の影響で、報告数が少なくなっている可能性があり、
今週(第19週)と適正な比較ができないことから、発生記号は表示していません。