ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 広島市公文書館 > 展示会・イベント > 企画展示「疫禍来襲‼ ~近代以降の伝染病と広島の歴史~」

本文

ページ番号:0000299061更新日:2022年10月3日更新印刷ページ表示 Googleカレンダーへ登録<外部リンク>Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>

企画展示「疫禍来襲‼ ~近代以降の伝染病と広島の歴史~」

1 行事名

企画展示「疫禍来襲‼ ~近代以降の伝染病と広島の歴史~」

2 目的

 人類の歴史は伝染病との闘いの歴史でもあった。近代以降の日本でも伝染病の流行が相次ぎ、政府や地方の行政機関はまん延を抑えるべく法令や規則を制定し、病院の設置、衛生状況の改善など対策を講じてきた。
 当館が所蔵する役場文書には、県からの通知や、関係機関が作成したチラシ・配付物など、広島における伝染病との闘いを伝える資料が残されている。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、過去の伝染病対策への関心が高まっていることから、これらの資料を、関連する絵はがきや写真等とともに展示し、市民や関係機関の利活用を図る。

3 開催期間

令和4年(2022年)10月3日(月曜日)から令和5年(2023年)1月20日(金曜日)まで

休館日:土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日まで

4 開催時間

午前9時から午後5時まで

5 開催場所

広島市公文書館 7階ロビー・閲覧室
(広島市中区大手町四丁目1番1号  大手町平和ビル7階)

6 入場料

無料

7 展示の内容

 当館が所蔵する役場文書を中心に、明治以降の広島における伝染病の流行とその対策に関する資料(法令・規則、広報、病院等施設、予防接種など)約50点を取り上げ紹介。

主な資料

コレラ病一件書類綴

痘禍来襲!!
天然痘流行につき山県郡長 告諭 消毒用器具チラシ

左上 「虎列刺(コレラ)病一件書類綴」 大正5年(戸坂村役場文書)
右上 痘禍(とうか)来襲‼ 昭和14年(草津南町総代資料「町事務書類綴」より)
左下 天然痘流行につき山県郡長告諭 明治13年(竹内家資料)
​右下 消毒用器具チラシ(砂谷村役場文書「衛生関係書類綴」より)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)