ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 公文書館 > 収蔵資料の利用案内

本文

ページ番号:0000005467更新日:2020年4月23日更新印刷ページ表示

収蔵資料の利用案内

お知らせ

利用者のみなさまへのお願い

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、ご利用に当たっては、次のことにご配慮のほど、よろしくお願い申し上げます。

・風邪の症状、発熱、息苦しさ、強いだるさ(倦怠感)や体調不良などがある方は、ご利用をお控えください。

・入館時のマスク着用にご協力をお願いします。

・カウンターにアルコール消毒を用意しています。手指の消毒にご利用ください。

・他の方との距離を空けてください。

・一つの閲覧机をお一人でご利用ください。

・長時間の滞在はご遠慮ください。

・混み具合によっては、ロビーで入館をお待ちしていただく場合がございます。

 

以上のことを除き、通常どおり、閲覧、複写、レファレンスサービス等を行っております。

広島市公文書館の感染防止策

・職員はマスクを着用しています。

・カウンターに飛沫防止シートを設置しています。

・換気のため、自動ドアを開いた状態にしています。

・カウンターや閲覧机を定期的に消毒しています。

 容易にデータ化することができる資料については、電子メールでデータを送信することもできます。(電話で資料を特定することができる場合には、来館していただくことなく、データをお送りすることができる場合もあります。)

 公文書館7階の閲覧室で、どなたでも収蔵資料を利用することができます。

  • 閲覧室の利用上の注意事項についてはこちらをご覧ください。 ↠ 閲覧室の利用上の注意
  • 資料の概要、検索方法等については、こちらをご覧ください。

    ・収蔵資料の概要

    ・収蔵資料の検索

閲覧

  • 開架資料は自由に閲覧していただけます。
  • 閉架資料を閲覧されたい場合には、目録や職員にお問い合わせの上、資料を特定し所定の利用申請書に記入して窓口に提出してください。
  • 個人情報等または資料保存の観点から利用に制限が必要となる資料については、審査基準等に基づき利用の制限を行う場合があります。この場合、黒塗りや資料保護等に時間を要し、利用していただくまでに数日かかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

撮影

 閲覧室内にカメラ(フィルムカメラ、デジタルカメラ、カメラ機能付き携帯電話等をいう。)を持ち込んで、資料等を撮影することができます。撮影に当たっては、次の事項を守ってください。

(1) 撮影を希望する旨、職員に申し出てください。

(2) 職員の指定した場所で撮影してください。

(3) フラッシュを使用しないでください。

(4) カメラを資料等に直接密着させないでください。

(5) 他の利用者の資料等の利用を妨げないでください。

※撮影制限が付されている資料がありますので、必ず、事前に職員に相談してください

複写・データ送信

  • 容易にデータ化することができる資料については、電子メールでデータを送信することもできます。(電話で資料を特定することができる場合には、来館していただくことなく、データをお送りすることができる場合もあります。)
  • 資料の複写を希望される場合は、複写する資料の名称と複写か所を所定の申請書に記入して、カウンター職員に提出してください。
  • 黒塗りや資料保護等に時間を要し、写しを提供するまでに数日かかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 郵送で写しを希望される場合は、複写手数料と送料をあらかじめお送りいただく必要があります。詳しくは、当館まで電話等でお問い合わせください。
  • 複写手数料は1枚につきカラー片面20円・両面40円、白黒片面10円・両面20円、光ディスク100円または130円です。(電子メール送信は無料です。)

レファレンス

  次に掲げるレファレンスを閲覧室カウンターで受付けております。また、電話や電子メールでも受け付けております。

  (1) 収蔵資料等の利用に関する情報の提供

  (2) 収蔵資料等の目録に関する情報の提供

  (3) 収蔵資料等の検索方法に係る情報の提供

  (4) 収蔵資料等に関する参考文献または他の公文書館等に関する情報の提供

  なお、次のようなご照会・ご相談にはお応えできません。ご了承ください。

  • 法令等の規定により公表を禁じられている事項についての調査
  • 古書、古文書または美術品等の鑑定または価格の調査
  • 学習課題、懸賞問題その他これらに類するものに対する解答
  • 翻訳または抄録の作成
  • その他市長が不適当と認めた参考相談事項または調査に経費または時間を要し、他の業務に支障を及ぼすおそれがある事項

貸出し

  • 学術研究または社会教育等の公共的目的を有する行事を行う場合には、資料の貸出しが可能です。
  • 資料の貸出しを受けるときは、以下の要件をすべて満たしている必要があります。
    ・国及び地方公共団体その他の公共団体による開催であること
    ・行事等の内容が次に掲げる要件を満たすものであること
     (1)国民の生活または教養の向上に貢献するものであること
     (2)行事等の内容が不特定多数の人を対象として実施するものであること
     (3)特定の者の利益が図られるおそれのないこと
     (4)行事等の所要経費についての資金計画が十分なものであること
     (5)事故防止及び公衆衛生のための措置が十分に講じられているものであること
  • 上記の要件を満たす方で貸出しを希望される方は、電話でお問い合わせください。

公文書館関係例規

広島市公文書館トップページ

 

*車で来館される場合には、市役所本庁舎駐車場を利用してください。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)