ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろまる > 0歳 > 新生児について > 新生児聴覚検査

本文

新生児聴覚検査

<外部リンク>
このページを印刷 印刷用ページを表示する通常ページへ戻る

新生児聴覚検査(AABR)費用の助成について

赤ちゃんは、生後まもなくから「見る」、「聞く」、「さわる」などの感覚を通して、周囲の刺激を受け取り、コミュニケーションを育み成長していきます。聞こえにくいことに気づかずにいると、コミュニケーションが育ちにくくなるため、早期に発見し、適切な支援を行うことが大切です。
広島市では、出産後、産婦人科で行う新生児聴覚検査(AABR)について、検査に係る費用を助成します。お子さんの健やかな成長のため、ぜひこの検査をお受けください。

助成の対象者

広島市に住民登録のある妊婦さんが出産された新生児(原則、生後28日未満)

受診券の交付方法

母子健康手帳と併せて交付します。(母子健康手帳別冊に綴じてあります。)

検査方法

検査は、赤ちゃんが寝ている間に、自動聴性脳幹反応検査(AABR)により実施します。

検査費用

 広島県内及び広島市と契約を締結している医療機関で検査を行った場合、検査にかかる費用は無料です。
 ただし、精密検検査費用査以降にかかる経費は自己負担となります。

償還払い制度

 広島市と契約を締結していない県外医療機関で、新生児聴覚検査(AABR)を受検し、実費をお支払いになった場合は、検査費用(限度額6,000円)を指定口座に振込みます。
 ちらし「償還払いによる妊婦一般健康診査費等助成のご案内(1MB)(PDF文書)」をお読みになり、償還払の申請をしてください。

関連情報

地域支えあい課地域支援第一・第二係(育児相談、精神保健福祉相談)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)