ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 公文書館 > 『広島市被爆70年史 あの日まで そして、あの日から 1945年8月6日』

本文

ページ番号:0000005509更新日:2021年4月1日更新印刷ページ表示

『広島市被爆70年史 あの日まで そして、あの日から 1945年8月6日』

 被爆70周年記念事業の一つとして、平成26年度から編さんを行ってきた「広島市被爆70年史」が完成し、次のとおり販売しています。

1 事業の目的

 若者が被爆の実相と広島の歴史への理解を深め、未来を展望するきっかけとするため、70年史の編さんを行うとともに、被爆者や復興関係者の証言、関係する文書、写真などの貴重な資料を後世へ伝承する。

2 概要

 市はこれまで、歴史的な節目ごとに市史の編さんを行い、特に被爆30年、40年、50年の節目には、戦後史を重点とした市史を発刊してきました。今回の市史では、「都市と市民生活」をテーマとしました。若い世代にも広島の歴史と被爆で失われた生活や文化をイメージできるよう、被爆者や復興関係者の証言などを盛り込みながら、市民がそれぞれの時代をどう生きたかを伝えます。そのため、明治の広島市の誕生から、被爆前の広島、被爆後の惨状と復興、そして現代にいたるまでを対象としました。被爆前から段階を追って広島の歩みを振り返ることで、被爆の実相や歴史への理解を深め、未来を展望するきっかけになればと考えています。

  1. ちらしタイトル 「広島市被爆70年史 あの日まで そして、あの日から 1945年8月6日」
  2. 印刷仕様等 A4判 800頁 映像編(DVD)付属
  3. 販売価格 3,970円(税込)
  4. 目次 広島市被爆70年史目次(299KB)(PDF文書)
  5. 『広島市被爆70年史』正誤表
    郵送を希望される方は下記問合せ先へご連絡ください。
  6. 『広島市被爆70年史』索引(1MB)(PDF文書)

3 販売について

 販売については、次のとおり行っています。

販売場所 販売方法

広島平和記念資料館

ミュージアムショップ

店舗、郵送
公文書館 窓口、郵送
各区区政調整課 窓口

※フタバ図書での販売は平成31年3月31日をもって終了しました。

4 郵送による購入について

 便せん等に次の事項を記入し、書籍代に送料(送料は切手でも可)を添え、現金書留で広島市公文書館あてにお送りください。

記入が必要な事項

  • 送付先の住所・氏名
  • 日中連絡のつく電話番号
  • 購入冊数
  • 「被爆70年史」希望

代金

お釣のないようにお願いします。

  • 書籍代 1冊 3,970円
  • 送料 表のとおり(2冊以上の場合はお問い合わせください。)
配達地域 送料
広島県内 910円
北海道 1,630円
東北 1,410円
関東 信越 1,190円
北陸 東海 1,080円
近畿 中国 四国 九州 980円
沖縄 1,390円

※2019年10月現在の送料です。日本郵便の運賃改定により変更となる場合がありますのでご確認ください。

申し込み先

 〒730-0051 広島市中区大手町四丁目1番1号
 大手町平和ビル
 広島市公文書館
 Tel:(082)243-2583

関連情報

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)