ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000292060更新日:2022年8月4日更新印刷ページ表示

感染症情報/サル痘

サル痘とは(届出基準と届出様式)

 サル痘は、オルソポックスウイルス属のサル痘ウイルスによる感染症です。1970年にザイール(現在のコンゴ民主共和国)で初めてヒトでの感染が確認され、主にアフリカ大陸で発生が報告されていましたが、2022年5月以降海外渡航歴のないサル痘患者が欧米等を中心に世界各国で確認されています。また、国内では2022年7月に最初の報告がありました。
​ 感染症法の4類感染症に指定されており、届出義務の対象となっています。

 なお、世界保健機関(WHO)は、2022年7月23日に、感染の拡大が続いているとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。

感染経路

 アフリカに生息するリスなどのげっ歯類をはじめ、サルやウサギなどウイルスを保有する動物との接触により感染します。
 また、感染した人や動物の皮膚の病変・体液・血液に触れた場合(性的接触を含む)、患者と近くで対面し、長時間の飛沫にさらされた場合、患者が使用した寝具等に触れた場合等に感染します。

症状

  • 潜伏期間は通常7~14日(最大5~21日)とされています。
  • 発熱、頭痛、リンパ節腫脹などの症状が0~5日程度持続し、発熱1~3日後に発疹が出現します。
  • 皮疹は顔面や四肢に多く出現し、徐々に隆起して水疱、膿疱、痂皮となります。
  • 多くの場合2~4週間持続し自然軽快するものの、小児例、あるいは曝露の程度、患者の健康状態、合併症などにより重症化することがあります。
  • 皮膚の二次感染、気管支肺炎、敗血症、脳炎、角膜炎などの合併症を起こすことがあります。
  • 致命率は0~11%程度と報告されています。

 なお、2022年5月以降の欧州・米国等を中心とした流行では、以下のような、従来の報告とは異なる臨床徴候が指摘されています。

  • 発熱やリンパ節腫脹などの前駆症状が見られない場合があります。
  • 病変が局所(会陰部、肛門周囲や口腔など)に集中しており、全身性の発疹が見られない場合があります。
  • 異なる段階の皮疹が同時に見られる場合があります。

治療方法

 国内で利用可能な薬事承認された治療薬はありません。対症療法が中心となります。

予防方法

  • 感染者や症状がある人の飛沫や体液等との接触を避ける。
  • 流行地ではウイルスを保有する可能性のある動物との接触を避ける。
  • 患者等が使用したリネン類や衣類に触れるときは、手袋などを着用して直接的な接触を避ける。
  • 天然痘ワクチンに発症予防効果があるとされている。

サル痘を疑う症状があった場合

  • サル痘を疑う症状が見られた場合、かかりつけ医などの医療機関やお住いの区の保健センターにご相談ください。
  • 医療機関を受診する際には、マスクの着用や発疹部位をガーゼなどでおおう等の対策をした上で受診してください。

参考