ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 広島市におけるインフルエンザの流行状況 > 流行時期 > 流行時期 > インフルエンザ/シーズン別インフルエンザの流行時期

本文

ページ番号:0000000095更新日:2020年9月28日更新印刷ページ表示

インフルエンザ/シーズン別インフルエンザの流行時期

インフルエンザ流行期間

  • インフルエンザの1シーズンは、第36週(8月末~9月初旬)から翌年の第35週までです。
  • 青色にはさまれた期間がそのシーズンの流行期間です。そのシーズンに初めて流行開始の基準とされている定点当たり(※)1人以上になった週を流行の始まった週とし、最後に定点当たり1人以上であった週を流行が終わった週としています。(したがって、流行期間中でも、定点当たり1人未満となっている週もあります。)
  • 黄色で示した期間が注意報レベル(定点当たり10人)を超えた週です。
  • 桃色で示した期間が警報レベル(定点当たり30人)を超えた週です。
  • 赤い太枠で囲んだ週はピーク時の週で、数値はその週の定点当たり報告数です。
  • *をつけたシーズンの年末は第53週まであるため、この図では( )内の週に対応しています。
  • 週と月の関係は年によって多少異なりますので、大体の目安と考えてください。

※インフルエンザは、広島市内37か所のインフルエンザ定点医療機関から毎週報告されています。「定点当たり」とは、定点医療機関からの報告数を定点数(37)で割った値のことで、1医療機関当たりのインフルエンザ報告数を表しています。