ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろまる > 0歳 > 乳幼児期の栄養 > 離乳について

本文

離乳について

<外部リンク>
このページを印刷 印刷用ページを表示する通常ページへ戻る

母乳や人工乳だけをとっていた赤ちゃんに、なめらかにすりつぶした状態の食物を与えはじめ、次第に食物の固さと量、種類をふやしていくことを離乳といいます。なめらかにすりつぶした食物を与えはじめるのは、5か月~6か月頃が適当です。

なお、離乳開始前の乳児に果汁を与えることについて栄養学的な意義は認められていません。また、スプーンなどの使用は、通常生後5か月~7か月頃にかけて哺乳反射が減弱、消失していく過程でスプーンが口に入ることも受け入れられていくので、離乳の開始以降でよいです。離乳を段階的にすすめることで、しっかりかむ力や飲み込む力が発達します。

9か月~10か月頃になると、手づかみ食べが始まります。手づかみ食べにより、自分で食べる練習となるとともに自分で食べる意欲が育ちます。

離乳は、子どもの発育、発達の状況にあわせてすすめましょう。また、生活リズムを身につけ、食べる楽しさを体験していくことができるように工夫しましょう。