ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろまる > 視覚の発達について

本文

視覚の発達について

<外部リンク>
このページを印刷 印刷用ページを表示する通常ページへ戻る

視覚は生まれてから発達します。新生児は、視線が定まらずぼんやりと外界を見ていますが、見続けることで視覚が次第に発達します。生後1か月から1歳6か月頃は特に視覚の発達が盛んな時期なので、この時期に両目でしっかりと見ることが大切です。

ひとみが白い・光ってみえる、目が開かない、片目ずつ目の前にそっと手をかざすと片方だけ嫌がって顔をそむける、目つきが気になるといった症状が見られたら、眼科を受診しましょう。

「目の健康を調べるチェックシート」日本視力能訓練士協会<外部リンク>

関連情報

地域支えあい課地域支援第一・第二係(育児相談、精神保健福祉相談)

このページに関するお問い合わせ先

こども未来局 こども・家庭支援課 母子保健係
電話:082-504-2623/Fax:082-504-2727
メールアドレス:ko-shien@city.hiroshima.lg.jp