ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろまる > 参加したい > 遊び場 > 冒険遊び場事業

本文

冒険遊び場事業

<外部リンク>
このページを印刷 印刷用ページを表示する通常ページへ戻る

概要

 子どもがのびのびと思いきり遊べるように、できる限り禁止事項をなくし、「自分の責任で自由に遊ぶ」ことを大切にして、子どもが遊び場にある道工具や廃材、自然の素材を使って自分のしたいことを実現していく遊び場です。プレーパークとも呼ばれています。

 冒険遊び場には、子どもの遊びを見守り、また共に遊ぶ存在として、大人のスタッフ(プレーワーカー又はプレーリーダーとも呼ばれています。)がいます。

 冒険遊び場では決められた遊びがあるわけではなく、子どもたちが自らやってみたいことを創造し、「自分の責任で自由に遊ぶ」場です。「汚れるから」「危ないから」と大人が止めさせてしまうのではなく、火や水、木などの自然素材、ダンボールなどの廃材やノコギリなどの道具を使い、子どもたち自身で工夫しながら自由に生き生きと遊ぶ場です。

 市内2か所(中区中央公園、安佐北区寺山公園)の冒険遊び場を基幹パークとして定期的に開催しています。

詳しくは

広島市Webサイト又はこども・家庭支援課まで