ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 予防医療・予防接種 > 成人男性の風しん抗体検査・予防接種(事業所の「健診」ご担当者様へ)
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 健康診断・がん検診 > 成人男性の風しん抗体検査・予防接種(事業所の「健診」ご担当者様へ)

本文

ページ番号:0000040092更新日:2020年6月8日更新印刷ページ表示

成人男性の風しん抗体検査・予防接種(事業所の「健診」ご担当者様へ)

【重要なお知らせ】令和元年度に発券したクーポン券の有効期限を1年延長します

 令和元年度に発券したクーポン券には、「有効期限 2020年3月31日」と記載されていますが、2021年(令和3年)3月31日まで有効期限を延長します。

 

1.制度の概要

 日本では、昨年から風しんの流行が続いています。また、感染された方の多くが40~50代の男性です。

 風しんの一番の予防方法は、風しんの予防接種を受けて抗体を獲得することですが、1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日の間に生まれた男性は、これまで公的な予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の世代に比べて低くなっており、感染リスクが高くなっています。

 そこで、この世代の男性の抗体保有率を引き上げるため、2019年4月から2022年3月31日までの3年間に限り、この世代の男性に対して無料で抗体検査と予防接種(十分な量の抗体がない方のみ)を実施しています。

 この抗体検査は、対象者の利便性向上のために一般の医療機関のみならず、事業所での定期健診や、人間ドックの機会に一緒に受けられる仕組みになっています。

 事業所の「健診」ご担当者様におかれましては、事業所での健診時に検査を受けられるよう、ご協力をお願いします。

風しん対策 画像

対象者

 1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性

風しん抗体検査・予防接種を受けるまでの流れ

(1)対象者にクーポン券が届く

 対象者には、住民登録のある市区町村から、抗体検査と予防接種を受けるためのクーポン券が届きます。
 クーポン券の郵送時期は生年月日によって異なり、広島市は以下の表のとおり郵送しています。

生年月日 1972年(昭和47年)4月2日
~1979年(昭和54年)4月1日生まれ
1962年(昭和37年)4月2日
~1972年(昭和47年)4月1日生まれ
郵送時期

平成31年4月

令和2年4月
(令和元年度に個別申請によりクーポン券を発券した方を除きます。)

※上記は広島市の状況です。クーポン券の送付状況(時期、送付対象者)は市区町村によって異なります。広島県内の各市町村の問合せ先はこちら(広島県内の各市町村のページ)のリンク先からご覧ください。

【重要なお知らせ】
 令和元年度に発券したクーポン券には、「有効期限 2020年3月31日」と記載されていますが、有効期限を1年間延長することとなりましたので、2021年(令和3年)3月31日までそのまま使用していただけます。
 クーポン券を紛失した場合、再発行もできますので対象者のお住まいの市区町村にお問い合わせください。

【広島市が送付したクーポン券(見本)】

クーポン券見本

 

(2)風しん抗体検査・予防接種(十分な量の抗体がなかった方のみ)を受ける

風しん抗体検査と予防接種の流れ

1.抗体検査を受ける
 届いたクーポン券と本人確認書類を持っていき、医療機関(お住まいの市区町村以外の医療機関でも受けられます)や事業所の健診、自治体の健診などで抗体検査を受けます。

2.予防接種を受ける
 風しん抗体検査の結果、十分な量の抗体がないことが判明した方は医療機関で予防接種を受けます。

※抗体検査も予防接種も無料です。

2.事業所健診で風しん抗体検査を実施する方法

(1)健診機関に対し、風しんの抗体検査の実施について確認

 健診を委託する健診機関に対し、事業所健診の際にクーポン券を使用した風しんの抗体検査が実施可能であるかをご確認ください。

 ※なお、市区町村事業のため、事業者健診での検査実施にあたり事業主様の費用負担はありません。

 本事業に参加している健診機関は、こちら(風しんの追加的対策について)<外部リンク>(厚生労働省ホームページ)からお調べいただけます。

(2)対象となる社員に対し、抗体検査を受けるよう呼びかけ

  • 事業所健診の機会に風しんの抗体検査を受けるよう、対象者の方への啓発をお願いします。
  • 抗体検査を受けるためには、クーポン券と本人確認書類(※)が必要になります。対象者にクーポン券を準備するよう啓発をお願いします。

  ※事業所健診で本人確認が行われる場合、あらためて本人確認書類の提示は必要ありません。

(3)健診機関と実施方法を調整する

 クーポン券の回収方法などについて健診機関と検討します。クーポン券は事前に回収していただくことで、健診当日、よりスムーズに実施することができます。

(4)対象となる労働者に対し、医療機関受診に関する配慮をお願いします

  • 抗体検査の結果、十分な量の抗体がなく、風しん予防接種の対象となる場合は、早めに受けるよう呼びかけをお願いします。
  • 予防接種を受けることになった方や事業所健診で抗体検査を受けられなかった方が医療機関等を受診しやすい環境づくりに、ご配慮をお願いします。

3.事業所で風しん対策を行う意義

風しんとは

  • 風しんは、風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。
    症状は、感染しても症状がない状態から合併症を併発するものまで幅広く、特に成人が発症した場合、高熱や発疹が長く続くなど、小児より重症化することがあります。
  • 風しんウイルスは感染力が強く、また、症状が出る前からヒトからヒトへ感染が広がります
  • 妊娠初期の妊婦さんが風しんに感染すると、目や耳、心臓に障害を持った赤ちゃんが生まれる(先天性風しん症候群)ことがあります。

風しんの社内感染のリスクの低減

  • 風しんは感染力が強く、症状が出る前から他者へ感染することから、事業所内で集団感染が起こったり、また、事業所外へ感染が広がる可能性があります。
    事業所内で集団感染が起こると、感染終息のために事業所を一時閉鎖したり、感染者と接触があった従業員を出勤停止にするなど、業務に支障をきたす可能性があります。
  • 従業員の風しん対策を行うことで、従業員と事業所はもちろん、社会を守ることにつながります。

4.よくあるご質問

 対象者の方からよくあるご質問と、その回答です。

Q1.クーポン券をなくしてしまいました。もう一度クーポン券をもらえますか?

 A.申請をしていただくことで、クーポン券の再発行が可能です。詳細は、お住まいの市区町村にお問い合わせください。
   広島市にお住いの方のクーポン券発行手続きについては、こちら(成人男性の風しん抗体検査・予防接種(対象者の皆さん へ))をご覧ください。

Q2.クーポン券が届いたのですが、使用する前に別の市区町村に引越しをしました。転出先の市区町村でも、この古いクーポン券を使うことはできますか?

 A.クーポン券を使用する時点で住民票のある市区町村が発行したクーポン券のみ有効です。
   そのため、引越し前に転出元の市区町村から発行されたクーポン券は使用できません。
   転出先の市区町村へクーポン券の交付についてお問い合わせください。

Q3.クーポン券を定期健診当日に忘れてしまいました。抗体検査を受けることは可能でしょうか?

 A.クーポン券が無ければ、原則としては、抗体検査を受けることはできません。
   ただし、職場の定期健診で、本人が特定されており、後日確実にクーポン券を回収できる場合等においては、事業所と健診機関   とで調整の上、実施の可否を決定していただいても問題ありません。
   なお、クーポン券を事前に回収していただくことで、健診当日、よりスムーズに実施していただけます。

Q4.本人確認書類はなぜ必要なのですか?本人確認書類として、何を持って行けばいいですか?

 A.本事業の対象者であるかを確認するためです。免許証、マイナンバーカードなどをお持ちください。
   ただし、職場の定期健診で、本人が特定されており、確実にクーポン券が使用できることが確認できている場合においては、事業所と健診機関とで調整の上、実施方法について検討いただいても問題ありません。

5.リンク先

風しんについて

成人男性の風しん抗体検査・予防接種について

 広島県内の各市町村のページ

 ※ クーポン券に関するお問い合わせは対象者の住民登録のある市町村へお問い合わせください。
 以下に成人男性の風しん抗体検査・予防接種に関する広島県内の各市町村のページを掲載しています。該当の市町村名をクリックしてください。

関連情報

ダウンロード

リーフレット(事業所健診のご担当者様へ)[PDFファイル/1.1MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)