ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 建築・都市計画 > 旧市民球場跡地を含む中央公園の今後の活用 > 旧広島市民球場跡地整備等事業に関する公募型サウンディング調査(令和2年10月~令和2年11月)
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 建築・都市計画 > 旧市民球場跡地を含む中央公園の今後の活用 > 旧広島市民球場跡地整備等事業に関する公募型サウンディング調査(令和2年10月~令和2年11月)

本文

ページ番号:0000190071更新日:2021年1月28日更新印刷ページ表示

旧広島市民球場跡地整備等事業に関する公募型サウンディング調査(令和2年10月~令和2年11月)

調査の趣旨

 本市では、令和元年8月に設置した「中央公園の今後の活用に係る有識者会議」における議論を踏まえ、令和2年3月に策定・公表した「中央公園の今後の活用に係る基本方針」において、旧広島市民球場跡地(以下「球場跡地」という。)を「イベント・集客ゾーン」と位置付けた上で、平和記念公園や水辺空間と一体となった緑豊かなオープンスペースを中心としたゾーンとするとともに、年間を通じて多様なイベントが開催され、若者を中心とする多くの市民や平和記念公園を訪れる観光客を引き付ける、にぎわいとおもてなしの心が感じられるゾーンとすることとしています。

 これらの方針を踏まえ、パブリックマインドを持った民間の活力を最大限に活用し、誰もが訪れてみたいと感じる広島の「顔」となる、都心の新たなにぎわい拠点を創出するため、平成29年度の都市公園法の改正により創設されたPark-PFI及び、指定管理者制度を活用し、イベント広場等の設計・整備から整備後の管理・運営までを一者の民間事業者(又は民間事業者のグループ)が行う旧広島市民球場跡地整備等事業を実施することを予定しています。

 本調査は、事業の公募に先立って、民間事業者の皆様の参画意向や事業の市場性の有無、事業に対するアイデアなどを把握し、公募の条件に反映させるとともに、早い段階で広く情報提供を行うことで、応募に向けて十分な準備を行っていただくことができるよう、公募の条件などを定めた公募設置等指針(素案)を配付した上で、事業者の皆様と個別に対話を行うものです。

(本調査は終了しました。調査結果は、以下のダウンロードファイルを御確認ください。)

スケジュール

 
日 時 内 容
令和2年10月26日(月)まで 参加申込み(様式1~2)の締切り
令和2年10月30日(金)まで

個別対話日時の決定・連絡

「旧広島市民球場跡地整備等事業公募設置等指針(素案)」の配付(10月30日(金)を予定)
令和2年11月5日(木)10時~11時 事前説明会(Web)の開催
令和2年11月6日(金)まで 個別対話調書(様式3)の締切り
令和2年11月9日(月)~11月13日(金) 個別対話(Web)の実施
令和3年3月末(予定) 旧広島市民球場跡地整備等事業者の公募開始

 調査の詳細は、公募型サウンディング調査実施要領をご確認ください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)