ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 市長の発言、要請文 > 要請文 > 日本政府への要請文 > 第71回国連総会第一委員会における日本政府の対応に関する外務大臣への要請(2016年10月27日)

本文

ページ番号:0000010127更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

第71回国連総会第一委員会における日本政府の対応に関する外務大臣への要請(2016年10月27日)

外務大臣 岸田 文雄 様

第71回国連総会第一委員会における日本政府の対応について(緊急要請)

第71回国連総会第一委員会において、オーストリアやメキシコなどが共同提案した核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議案に、核保有国や日本政府を含む核の傘の下にある国々が反対する可能性があるとの報道に接しました。

「核兵器のない世界」の実現を待ちわびる被爆者は、今回の決議を「核兵器のない世界」の実現に向けた国際的な機運を大きく進展させる絶好の機会であると受け止めており、被爆者の切なる願いに背くことは許されません。

唯一の戦争被爆国として「核兵器のない世界」の実現のために果たす役割を十分に踏まえ、核兵器の法的禁止の交渉が2017年中に開始されるよう、これまで以上に力強いリーダーシップを発揮されるようお願いいたします。

平成28年(2016年)10月27日

広島市長 松井 一實


市長コメント