ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 核実験等への抗議文

本文

ページ番号:0000031455印刷ページ表示

核実験等への抗議文

核実験への抗議文

広島市は、核兵器の開発につながる核実験に反対するため、臨界前核実験を含むすべての核実験に対し、その実施国に抗議をしています。こうした抗議は昭和43年(1968年)9月9日のフランスの水爆実験に対し行ったのが始まりで、核実験に対する抗議回数はこれまで612回を数えます。核実験の禁止は、そのまま核軍縮へ直結するわけではありませんが、核兵器の新たな開発や高性能化を困難にするなどの効果をもち、核軍縮の出発点となります。
核実験は昭和20年(1945年)7月16日に米国が史上初の原爆実験を行って以来、これまで2,000回を超える核実験が行われています。

米国へは245回、ロシアへは188回、フランスへは118回、中国へは30回、イギリスへは19回、インドへは3回、パキスタンへは2回、北朝鮮へは7回抗議しています。

 

核実験に対する抗議回数(年次別) [PDFファイル/91KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)